滝沢秀明、自身の二面性を明かす

俳優の滝沢秀明が、自身の性格を明かした。 16日、東京・渋谷のNHKにて行われた木曜時代劇「鼠、江戸を疾る」(2014年1月9日スタート)試写会に出席した滝沢と女優の忽那汐里。今作は、江戸後期、文化文政期の時代が舞台。第11大将軍・家斉の治世は、側近政治がはびこり、江戸の町では武家人・町民各々の不平不満は貯まる一方だった。そんな中、滝沢秀明扮する鼠小僧が千両箱から掴み出した金を江戸の街にばらまいていく、1話完結の痛快時代劇。忽那は鼠小僧の妹・小袖(忽那)を演じる。

滝沢が演じるのは昼は遊び人、夜は正義の味方と二面性を持つ鼠小僧。自身の二面性について聞かれた滝沢は「近いんじゃないですかね」と明かし、「遊び人やかっこいい面もあったり、だらしない部分だったり男を象徴するような男性像で共感できる部分が多い」と魅力を語った。

大先輩・近藤真彦から手紙



また、同作の主題歌を務める近藤真彦は「滝沢らしく今までに見たことのない綺麗な鼠小僧。男らしさと色気のある魅力がいっぱい」と感想を綴った手紙がMCに読み上げられる場面も。大先輩・近藤からのメッセージに滝沢は「緊張しますね。今回は映像と音楽での共演ですが、マッチさんの力強い歌声と鼠小僧のイメージがリンクします」と語り、「いろんな層の人に楽しんでいただけるよう、ハートを盗めるようにがんばっていきたい」と意欲をアピールした。

忽那汐里、時代劇初挑戦



時代劇への出演が初めてという忽那は「剣を使っての立ち回りも初めてなので、とても難しいです。殺陣をやっている時は毎回余裕なくて、周りの方々に助けてもらいながらやっています」とコメント。初めて経験する時代劇の現場には「変な意味ではなく、妙な違和感を感じています。服装、髪型、風景も違うので、新鮮ですね。まっさらな気持ちで毎日向きあえておもしろいです」とやりがいを語った。

同イベントには、俳優の高嶋政宏も出席。同作は1月9日より、総合テレビ(毎週木曜・午後8時~ 連続9回)にてスタートする。(モデルプレス)
モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

News Listニュース一覧

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP