中居正広が元AKB48光宗薫に見せた気遣いに「泣けてきた」の声

映画「劇場版 ATARU-THE FIRST LOVE & THE LAST KILL-」に出演する光宗薫
光宗薫/映画「劇場版 ATARU-THE FIRST LOVE & THE LAST KILL-」完成披露試写会舞台挨拶より
体調不良により一時芸能活動を自粛していた元AKB48の光宗薫。復帰作ともなった映画「劇場版 ATARU-THE FIRST LOVE & THE LAST KILL-」に主演するSMAPの中居正広と光宗のエピソードが、スタッフを通して明かされた。 2011年12月にAKB48の13期生として加入し、スーパー研究生として注目を浴びた光宗。2012年4月から6月に放送された連続ドラマ「ATARU」では、鑑識課・機動鑑識係役として連続ドラマ初出演を果たしたが、体調不良を理由に同年10月にAKB48の活動辞退を発表し一時休養していた。休養中の2013年1月6日に放送されたスペシャル版では、中居の配慮により警察署の広告用ポスターという形で出演した。

23日、「ATARU」の公式Twitterでは「光宗さんも、一番心配していたのが中居さんでした。アイドルと言う目で見られること、プレッシャー、叩き。色んな事を経験してきた中居さんだからこそ、撮影の前に、光宗さんと親友のぱるるに来てもらって食事をしたのですが、中居さんは二人に色んな思いで話をされてました」とスタッフがツイート。作品の“座長”として芸能界の先輩として、後輩たちと真摯に向き合う中居の姿が綴られている。

光宗の作品復帰が決定した際にも、「凄く喜んだ」ことがスタッフにより明かされていた中居。今回の温かい気遣いにファンからは、「スタッフさんツイートに朝から泣けてきた」「ホント良い座長だな」「やっぱり誰ひとりかけてもATARUは完成しませんよね。光宗ちゃん、参加してくれてよかったです」「ATARUで光宗さんを知りました。これからの活躍を期待しています」「たくさんの裏話ありがとうございます」と感動の声が多数寄せられた。

「ATARU」は、サヴァン症候群に起因する特殊な能力を持った主人公が、迷宮入りしかけた難事件を解決していくという斬新なストーリー。劇場版は、9月14日より全国東宝系にて公開されている。(モデルプレス)
モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP