ダレノガレ明美、「病気で髪の毛がなくて…」涙で壮絶過去を初告白

『水トク!「謝りたい人がいます。」』(TBS系)に出演したダレノガレ明美
ダレノガレ明美
モデルのダレノガレ明美が、21日放送のバラエティ番組『水トク!「謝りたい人がいます。」』(TBS系)に出演。病気で苦しんでいた過去をテレビで初告白した。 芸能人が過去に犯した過ちに対して本気の謝罪を決行する同番組。中学時代にソフトボール部の顧問を務めていた恩師に謝りたいというダレノガレは、「小学校の終わりから中学校はすっごい辛かった。戻りたくない過去って感じ」と自らの過去に言及。

「その時病気で髪の毛がなかったんです。カツラ被ってやってたんで」と衝撃的な事実を告白し、「男の子とかが気づいて言ってくるんですよ。すっごい泣いてた」と、ハーフということも手伝って偏見と好奇の目で見られていたことを明かした。

「教室を飛び出して『もう無理…』ってなった時に先生がきてくれて励ましてくれた。先生がいたからこそがんばれた」と恩師の存在に救われ、ソフトボールの練習に打ち込んでいたという彼女。しかしその恩師の転任をきっかけにソフトボールに対する意欲を失い、推薦を蹴って無断で他校へ進学してしまったことをずっと後悔していたという。

「大切だから言えなかった。傷つけたくなかった」というダレノガレは、スタジオで恩師と8年ぶりの対面を果たすと号泣。「先生がいなかったら今の私はここにいなかったと思うし、先生があんなに一生懸命鍛えてくれたのに別の高校に行ってソフトボールを辞めてしまったのを謝りたくて。あの時はすみませんでした」と涙ながらに頭を下げた。(モデルプレス)
モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP