少女時代、オトナの魅力際立つファッション&メイクの足し算、引き算

【モデルプレス】ぐっと大人っぽく、魅力的になった少女時代。公式的なイベントの場でもモノトーンを着ることが多くなっていますが、その分メイクの足し算、引き算で華やかなオーラを放っています。
少女時代、オトナの魅力際立つファッション&メイクの足し算、引き算(左から)ティファニー、ユナ、テヨン、サニー/photo:Getty Images
少女時代、オトナの魅力際立つファッション&メイクの足し算、引き算(左から)ティファニー、ユナ、テヨン、サニー/photo:Getty Images

ネオンカラーのリップ



ネオンピンクのリップがモノトーンファッションのアクセサリーに(左から)ヒョヨン、ユリ、ソヒョン、スヨン、ティファニー、ユナ、サニー、テヨン/photo:Getty Images
ネオンピンクのリップがモノトーンファッションのアクセサリーに(左から)ヒョヨン、ユリ、ソヒョン、スヨン、ティファニー、ユナ、サニー、テヨン/photo:Getty Images
白と黒のモノトーンでドレスアップした少女時代。持ち味の美脚は健在ですが、ユナとスヨンは大人の女性にしか着こなせないパンツスタイル。ミニスカートのワンピースも全体的にミニマムでシンプルなデザインに抑え、華美なアクセサリーもつけていません。

その分際立つのがリップメイク。オレンジとピンクの中間のようなネオンカラーは、表情をパッと明るく、陶器肌をより白く見せてくれます。

アイメイクはしっかり、チークはマイナス



アイメイクとリップをしっかり決めたら、その分チークをマイナス。塗るとしてもほおの高い部分にパウダーをふんわりとのせる程度。クリームチークを幅広く塗る“おフェロ”メイクもトレンドですが、リップとチークを両方濃くしてしまうのは大人の女性にはトゥーマッチ。

少女時代ソヒョン:目元はしっかり。チークは薄く/photo:Getty Images
少女時代ソヒョン:目元はしっかり。チークは薄く/photo:Getty Images
少女時代ティファニー:中間を濃く、輪郭はぼかすグラデーションで抜け感を/photo:Getty Images
少女時代ティファニー:中間を濃く、輪郭はぼかすグラデーションで抜け感を/photo:Getty Images
リップは中間を濃く、ぼかしたような塗り方も抜け感のポイント。グラデーションを作りやすく、より自然な印象に仕上がる「ティント」を取り入れてみるのもおすすめです。

カジュアル服の“手抜き感”からも脱出



カジュアルファッションの味付けにもリップが活躍。モッズコートにニーハイブーツという辛めカジュアルのユナはピンクのリップをポイントに。赤やボルドーだとキメすぎ、ネオンだと浮いてしまうというところで、その中間あたりの肌なじみのよいピンクをチョイスしています。

モノトーンをかっこよく着こなすユナ/photo:Getty Images
モノトーンをかっこよく着こなすユナ/photo:Getty Images
少女時代ユナ:手元のボルドーネイルもさり気なく素敵!/photo:Getty Images
少女時代ユナ:手元のボルドーネイルもさり気なく素敵!/photo:Getty Images
ほかはノーメイクでもリップカラーさえ差せば“手を抜いている感”から脱出できそう。(modelpress編集部)
モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

K-enta ListKエンタ一覧

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP