KARA、ミニスカ制服で涙の熱唱 2ndツアー開催も決定

ガールズグループのKARAが23日、横浜アリーナにてファンミーティング・イベント「KAMILIA SCHOOL」を開催した。
横浜アリーナにてファンミーティング・イベントを開催したKARA(左より:ハラ・ギュリ・ジヨン・ニコル・スンヨン)
ファンのべ24,000人を集めて行われた今回のファン感謝イベント。ステージには学校の教室に見たてた巨大なセットが組まれた。

冒頭メンバーがステージとは反対側の客席奥からスクール・バス風のワゴンに乗って“登校”すると会場からはドッと歓声が。ステージに上がったメンバーは教室におかれた各自の机に向かい椅子に着席、先生役の司会進行をつとめるラジオDJ・古家正亨氏から、一人ずつ出欠をとられ名前を呼ばれる度に客席からは大きな拍手が巻き起こった。

横浜アリーナにてファンミーティング・イベントを開催したKARA(左より:ジヨン・ニコル・ギュリ・スンヨン・ハラ)
1限目の「美術」の時間では「超カワイイ動物!」のお題で各自イラストを描くという授業を開講。風変わりな動物を描いたイラストには、会場からのどよめきが沸いた。

2限目は「社会」としてKARAがファンの質問に答えながらの意識調査授業。続く3限目の「体育」ではメンバーがファンを一人ずつステージに引き揚げコンビを組んでのジェスチャー・ゲームで盛り上がったり、観客との共同作業で玉投げ競争をしたりとファンとの交流をはかった。

横浜アリーナにてファンミーティング・イベントを開催したKARA(左より:ニコル・ギュリ・ジヨン・ハラ・スンヨン)
そして放課後の「部活動」としてライブ・ステージがスタート。まずはデビュー曲「ミスター」を披露し一気に盛り上げると、続く「Honey」ではワゴンに乗ってファンの間近を移動しながらのパフォーマンスで会場を熱狂の渦に包んだ。

次はファンへの感謝の思いを込めてバラード曲「今、贈りたい『ありがとう』」を熱唱。メンバーには、観客全員で挙げた白い紙に「KARA(ハート)」の文字が浮かび上がるというサプライズも。メンバー全員が思わず涙するという感動的なシーンとなり、続くヒット曲「ジェットコースターラブ」は涙ながらの歌唱になった。

その後のMCでは7月24日にリリースになるニュー・シングル「サンキュー サマーラブ」のソロジャケット写真を初披露、さらには10月に行われるアリーナツアー「KARA 2nd JAPAN TOUR2013『KARASIA』」も発表された。最後には今年3月に発売になった最新曲「バイバイ ハッピーデイズ!」を元気一杯パフォーマンスしイベントは終了。笑あり涙ありとファンには大満足のイベントになった。(モデルプレス)

■ツアー「KARA 2nd JAPAN TOUR 2013『KARASIA』」

7都市14公演(約140000人動員見込み)

10月8日(火) 横浜アリーナ
10月9日(水) 横浜アリーナ
10月16日(水) マリンメッセ福岡
10月17日(木) マリンメッセ福岡
10月23日(水) 大阪城ホール
10月24日(木) 大阪城ホール
10月29日(火) 名古屋 日本ガイシホール
10月30日(水) 名古屋 日本ガイシホール
11月 9日(土) サンドーム福井
11月10日(日) サンドーム福井
11月19日(火) さいたまスーパーアリーナ
11月20日(水) さいたまスーパーアリーナ
11月23日(土) 神戸ワールド記念ホール
11月24日(日) 神戸ワールド記念ホール

モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP