小島瑠璃子が行う影の努力とは バラエティで見せるトーク力に絶賛の声

【モデルプレス】“こじるり”の愛称で親しまれるタレントの小島瑠璃子(20)がモデルプレスのインタビューに応じた。「第34回ホリプロタレントスカウトキャラバン」(2009年)で3万3910人の中からグランプリを獲得して芸能界デビュー。バラエティ番組を中心に活躍し、彼女のトーク力を評価する声も多い。それは日本を代表する司会者・中居正広(SMAP)も認めるほどだ。
小島瑠璃子が行う影の努力とは バラエティで見せるトーク力に絶賛の声【モデルプレス】
小島瑠璃子が行う影の努力とは バラエティで見せるトーク力に絶賛の声【モデルプレス】
健康的なスレンダーボディも魅力/小島瑠璃子
健康的なスレンダーボディも魅力/小島瑠璃子
トーク術で参考にしているものはあるのか?「寝不足になってもテレビを観ています。きっとただの視聴者なんでしょうね(笑)。このお仕事を始める前からテレビはよく観ていましたが、最近は『この切り返しはすごい!』とか考えながら観るようになりました」。それが当然の如く、さらっと日々の努力を語る。

トークの引き出しを増やすことにも貪欲。「収録前のアンケートで本当に泣くぐらい苦労していて…。日頃からコツコツとメモを取っておけば、わりとすぐに思い出せるのかなって気づいてからは、それをするようにしています」。マルチに活躍しているが、目指す理想像は“バラエティに出続けること”。「いつまでもバラエティをやれたら幸せです。何歳になっても周りの方と一緒にワイワイやる、バラエティに何十年もいるって難しいことだとは思いますが、それが一番の目標です」。

女性向けの仕事も急増 “こじるり”スレンダーボディの秘訣



インタビューは東京・国立代々木競技場内リゾートステージにて行われた屋外ファッションショー「a‐nation&GirlsAward lsland collection by NYLON JAPAN」のバックステージで実施。男性誌のグラビアでも活躍する一方で、ファッションショーなど女性に向けた仕事が舞い込むことも多い。「最近は女性ファッション誌に出させていただくこともあって本当に嬉しい。そういう機会が増えていけばという気持ちはありますね」。瞳の奥に闘志が見え隠れする。

健康的なスレンダーボディも彼女の魅力だが「ダイエットとか、根を詰めてやることがすごく苦手」と小島。「精神的にマイナスになっちゃうというか、食べ物に気を使わなきゃいけない、何々をしないといけない、これをやっちゃいけないとかあると、滅入っちゃうので、軽い気持ちで毎日考えています。ソフトなダイエットを毎日している感じ」。具体的には「食事は8分目にしとくとか、お肉は食べつつも野菜をしっかり摂る。炭水化物はまったく食べないと体に悪いので少しは必ず食べていいって自分で決めています。あとカルシウムを積極的に摂るようにしています」と教えてくれた。

小島の成長は誰もが感じているが、当の本人は「まだまだです」と恐縮する。それでも「新しいジャンル、例えばラジオとかにも挑戦してみたい」と目標を掲げる彼女に、“夢を叶えるための秘訣”を聞いた。

「すごく流行りに乗っているみたいで嫌なんですけど“Let It Go”だと思います。本当に“ありのまま”が大切。自分をよく見せたいっていう気持ちは誰にでもあると思いますが、周りを固めていると見ている人も入って来づらいんじゃないかなって。どこまで自分のナチュラルさを出せるかで結果は変わってくると思います」。―――彼女の飾らない魅力が、全国のお茶の間に笑顔を届ける。(modelpress編集部)

小島瑠璃子(こじま・るりこ)プロフィール
生年月日:1993年12月23日
出身地:千葉県
血液型:O型
身長:157cm
趣味:ダイビング、バタフライ、カラオケ
特技:オセロ

「第34回ホリプロタレントスカウトキャラバン」(2009年)でグランプリを獲得して芸能界デビュー。現在、バラエティ番組を中心にグラビア、CMと幅広く活躍中。

モデルプレス

Interview Rankingインタビューランキング

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP