篠田麻里子、AKB48卒業後の変化を語る モデルプレスインタビュー

モデル・女優として活躍する篠田麻里子がモデルプレスのインタビューに応じ、AKB48卒業後の変化を語った。
モデルプレスのインタビューに応じた篠田麻里子
モデルプレスのインタビューに応じた篠田麻里子
AKB48卒業後の変化を語る/篠田麻里子
AKB48卒業後の変化を語る/篠田麻里子
― AKB48在籍時からアパレルブランドのプロデュースを手がけ、モデルとしても活躍してきた篠田さんですが、グループを卒業してから変わったことはありますか?

篠田:卒業してからジムに行くようになりました。AKB48にいた頃、自分では動いているという感覚はなかったんですけど、やっぱり動いていたみたいで、食べる量はいっしょでも太りやすくなっちゃって。今はジムに週3回ぐらい行って汗をかいています。

― ストイックですね。ではキレイな肌を保つために心がけていることはありますか?

篠田:普通に顔を洗ったあとに、必ず氷水で1分くらい洗うことですね。顔がキンキンに冷えるとともに、毛穴がどんどん小さくなって、皮脂とかも出にくくなります。高校の頃からやっているので、もはや癖ですね。

モデルとして圧倒的な存在感を放つ



インタビューは3月21日、東京・国立代々木競技場第一体育館で開催されたファッションイベント「東京ランウェイ2014 Spring/Summer」のバックステージで実施。篠田は自身がプロデュースを手がけるアパレルブランド「ricori(リコリ)」のステージに出演し、観客から黄色い声援を浴びた。

― ステージの感想をお願いします。

篠田:ステージに出た瞬間、あまりにも歓声が大きいのでビックリしました。AKB48のライブとかは歌って踊って話してといろんなことをやりますが、ファッションショーは歩くだけ。なので何度も出させていただいているのに毎回緊張します。

― 今回は自身のブランドでのランウェイでしたが、心構えは違いましたか?

篠田:モデルにプロデューサー、2つの立場で出られて、立ち位置的にはおいしいですよね(笑)。なかなか経験できることではないと思うので本当に嬉しいです。春夏の「ricori」は「LIBERTY」さんとコラボしたアイテムがメイン。小花柄などを使った、ガーリーだけではない、ガーリーモードを提案しています。

― 今後ブランドをどのようにしていきたいですか?モデルや女優としての目標と合わせてお願いします。

篠田:「ricori」はこれからもっとコレクションラインを増やして、このような大きなステージでどんどん披露していきたいですね。世界観をきちんと創り上げて“可愛い”っていうイメージもつけていきたいですし、ブランドとしてももう少し知名度を上げていけたらなと思っています。篠田麻里子としてはモデルと同じように女優業もたくさんのフィールドで活躍できるように一生懸命やっていきたいです。

夢を叶える秘訣



― 最後に、夢を叶えたいと頑張っているモデルプレス読者にメッセージをお願いします!

篠田:私もここまでいろんな経験をさせていただいて、やっぱり夢は恥ずかしがらずに公言した方が叶いやすいのかなと思っています。こういうことをしたい、モデルになりたい、ファッション誌に出たい、女優に挑戦したい……言わないと始まらない。思っているだけではなくて、口に出すことでチャンスを広げていってください。

― ありがとうございました。

彼女がマルチなフィールドで活躍し続けるのは、持ち前の負けん気の強さがあってこそ。ファンを楽しませることが大好きなエンターテイナーはこれからさらに輝きを増す。(モデルプレス)

篠田麻里子(しのだ・まりこ)プロフィール
生年月日:1986年3月11日
出身地:福岡県
身長:167cm
趣味・特技:睡眠

女性ファッション誌「MORE」の専属モデル、日本テレビ「PON!」などレギュラー番組ほか、ドラマ・映画・CM・バラエティ番組に出演。また、ウェディングドレスブランド「Love Mary」をプロデュースするほか、自身のプロデュースブランド「ricori」を2012年12月に立ち上げる。


モデルプレス

Interview Rankingインタビューランキング

Photo Ranking画像ランキング

Interview Listインタビュー一覧

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP