<速報>エル・ファニング、プリンセスワンピで来日

映画『マレフィセント』のプロモーションのために来日したエル・ファニング。
エル・ファニング。
エル・ファニング。
エル・ファニング。
21日、映画『マレフィセント』(7月5日公開)のプロモーションのため、オーロラ姫を演じたエル・ファニング(16)が来日しました。 エルが映画のなかで演じたオーロラ姫は王家に生まれながら、マレフィセントに呪いをかけられたため、身分を隠して森の中で育てられた、輝くような美しさと自然を愛する優しい心の持ち主という役どころ。

成田空港のロビーに姿をあらわした彼女は、オーストラリアのデザイナー「romance was born」による、アニメのオーロラ姫と思われるプリントのワンピース姿。シューズはmiu miuだったそう。長身と美しいブロンドの髪が輝いていました。

初来日とあって、空港には一目、エルを見ようと大勢のファンがかけつけており、エルはツーショットやサインに笑顔で応じながらゆっくりと歩きました。

日本の感想などを聞かれ、テレビカメラに向かって「姉(ダコタ・ファニング)は何度かきたことがあるけれど、私は初めて。猫カフェに行ってみたい」と語っているのが聞こえました。

エルは23日に行われるジャパンプレミアに出席予定です。

◆エル・ファニング
1998年アメリカ・ジョージア州出身。わずか2歳8カ月で女優としてのキャリアをスタートさせ、『アイ・アム・サム』でスクリーンデビュー。実姉ダコタ・ファニングの幼少期という役どころだったが、その後、子役としての才能を開花させる。スティーブン・スピルバーグ製作、JJエイブラムス監督の『SUPER8/スーパー8』、ソフィア・コッポラ監督の『SOMEWHERE』などに出演。(セレブタイムズ/モデルプレス)
モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

International List海外一覧

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP