「ビリギャル」石川恋、女性初の抜てきに感激「誇りに思います」

【石川恋/モデルプレス=2月20日】坪田信貴氏のベストセラー小説「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」、通称「ビリギャル」の表紙モデルとして話題となった石川恋が20日、出身地・栃木県栃木市の「ふるさと大使」に就任。同日、都内で開催された「栃木市UIJターンプロジェクト トチギーノ大同窓会」にて、任命式が行われた。
「ビリギャル」石川恋、女性初の抜てきに感激「誇りに思います」(C)モデルプレス
「ビリギャル」石川恋、女性初の抜てきに感激「誇りに思います」(C)モデルプレス
石川恋(C)モデルプレス
石川恋(C)モデルプレス
これまで「ふるさと大使」には10名1団体が任命されているが、女性は石川が初。日頃からSNSを通じて地元・栃木への思いをつづっていたことから、その発信力が決め手となり、ふるさと大使に任命された。

任命式の様子/石川恋(C)モデルプレス
任命式の様子/石川恋(C)モデルプレス
同市の早乙女光総合政策部長より、委任状と名刺を受け取った石川は「栃木市で生まれ育ったことを誇りに思いますし、こうしてお仕事で栃木市をアピールできる存在になれたことが本当に嬉しいです」と笑顔を弾けさせた。

イベント終了後を直撃!



イベント終了後、モデルプレスのインタビューに応じた石川は「たくさんの人が来て下さって、とても盛り上がって楽しかったです!本当に自分が今日から『ふるさと大使』になるんだなというのも実感できて嬉しかったです」とコメント。

早乙女光総合政策部長、石川恋(C)モデルプレス
早乙女光総合政策部長、石川恋(C)モデルプレス
今後、約2年間大使としてアピール活動を行うこととなるが、「私はブログやTwitterも力を入れてやっているので、そういった自分のSNSを活かして女性や若い人に発信していけたらと思っています。それが私を選んでいただいた理由のひとつだと思うので、しっかりアピールしていきたいです」と意気込みを語った。(modelpress編集部)

石川恋(C)モデルプレス
石川恋(C)モデルプレス
「栃木市UIJターンプロジェクト トチギーノ大同窓会」の様子/後列中央:石川恋(C)モデルプレス
「栃木市UIJターンプロジェクト トチギーノ大同窓会」の様子/後列中央:石川恋(C)モデルプレス
栃木市マスコットキャラクター・とち介と一緒に/石川恋(C)モデルプレス
栃木市マスコットキャラクター・とち介と一緒に/石川恋(C)モデルプレス
栃木市マスコットキャラクター・とち介と一緒に/石川恋(C)モデルプレス
栃木市マスコットキャラクター・とち介と一緒に/石川恋(C)モデルプレス
モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

Gal Listギャル一覧

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP