直して欲しいけど…彼女には言いづらい男性の不満6つ

【恋愛コラム/モデルプレス=1月26日】本当は不満に思っているんだけど、彼女にはなかなか言いづらい…。どんなにラブラブなカップルだって、言いづらいことの一つや二つあるはずです。でも、そんな彼の不満に気付けずにいてしまうと、徐々に二人の仲が上手くいかなくなってしまうかもしれませんよ。そこで今回は、彼女には言いづらい男性の本音をご紹介。もっと彼を大事にして、好きな気持ちを言葉にしていきましょうね。
直して欲しいけど…彼女には言いづらい男性の不満6つ(Photo by ponomarencko/Fotolia)
直して欲しいけど…彼女には言いづらい男性の不満6つ(Photo by ponomarencko/Fotolia)

もっと大事にして



「ケンカとか不満がある時は、結構口が悪いんだ、彼女。男だって酷いこと言われたらヘコむし、プライドがボロボロにされることもある。もっと大事にして…」(不動産/27歳)

男性は強い生き物だから…。

何となくそんなイメージを持っていて、つい酷いことを言ってしまってはいませんか?

男性だって人間だもの、酷いことを言われたら傷付いて泣いてしまうことだってあります。

もっと彼のことをちゃんと大事にして、ケンカの時は言い過ぎないように注意したり、いいことをしてくれた時は「ありがとう」を伝えたりしてくださいね。

大事にされていない実感があれば、男性だって彼女から離れてしまいます。

自分が愛されていると思うなら、相手にも愛していると思ってもらえるような言動を心がけてくださいね。

意見を聞くなら否定しないで



「『これどう思う?』ってショッピング中に聞かれたから、正直に思ったことを言っただけなのに、『センス無いね』とか『嘘でしょ』とか言って怒らないで欲しい。意見を聞くなら否定したり怒ったりしないで…」(学生/22歳)

自分が迷っている時、「どっちがいい?」なんて彼に聞いてみたこと、みなさん一度くらいはありますよね。

でも、自分が気に入っている方を「好みじゃないなぁ」なんて言われたらムっとしてしまう。心当たり、ありませんか?

あなたとしては自信を持って選ぶための同意を求めているのかもしれませんが、彼は正直な自分の意見を言えばいいと思っています。

そこで怒られたり否定されたりしてしまうと、男性は「そっちが聞いたくせに…」と落ち込んでしまうでしょう。

もし、彼に同意してもらいたいなら「これ似合うと思わない?」や「可愛いと思わない?」と言ったように、自分が気に入っていることを醸し出して聞いてください。

彼女が気に入っているものをわざわざ否定しようとは、彼も思わないはず。

別の方を勧めるにしても「こっちの方がもっと似合うと思うよ」と、あなたの気分を悪くしないような勧め方をしてくれることでしょう。

彼の同意を求めるような聞き方を(Photo by adam121)
彼の同意を求めるような聞き方を(Photo by adam121)

褒めてるのに流さないで



「彼女が髪型を変えたから『その髪型似合ってるね!可愛いよ』って言ったのに、『あ、うん』って微妙な反応でそのまま流された…。褒めたのに反応せず流すのは寂しいからやめて欲しい」(流通/30歳)

彼女が可愛いから、彼女に喜んで欲しいから。

男性が褒めてくる時にはいろんな理由があります。

ですがそれがどんな理由であっても、その時に彼女の反応がないとショックを受けてしまうでしょう。

彼が褒めてくれた時は、きちんと喜んだり「ありがとう」と言ったりと、反応を見せてください。

あなたにとって微妙な褒めポイントだとしても、彼はいいと思って褒めたことです。

その彼の気持ちを汲んで、しっかりと喜んであげましょうね。

察してじゃなくて、はっきり言って



「自分の機嫌が悪い理由は察して欲しい彼女。すっごく困る。何で機嫌が悪いのかとか、言ってくれなきゃ伝わんないし直しようがないよ…」(製造/25歳)

自分が何をしたいのか、どう思っているのか。

それを察して、その通りのことを彼氏がしてくれると、とても嬉しいですよね。

でも、男性は察することが苦手な人が多いもの。

しっかりと口に出して言葉にしないと、その思いはなかなか伝わりませんよ。

特に、機嫌が悪い時など空気が悪くなるような時に、察してと受身の姿勢でいても、ずっと空気は悪いままです。

どこが嫌だったのか、何を直して欲しいのか、きちんと彼に伝えないと改善しませんよ。

言わなきゃ思いは伝わんない(Photo by evgenyatamanenko)
言わなきゃ思いは伝わんない(Photo by evgenyatamanenko)

多少のイタズラくらい許して



「彼女の困っている姿が見たいから、ついちょっとしたイタズラしちゃうんだけど、彼女は本気で怒っちゃうんだよね…。ただ構って欲しいだけのイタズラだから、『もう』くらいで許して欲しい」(サービス/24歳)

好きな人にはイタズラをしたくなるのは、小学生の恋愛だけではありません。

男性はいくつになっても、好きな人の困った顔が見たいもの。

彼女に構って欲しかったり、困った顔が見たいと思ったりする時には、ついついイタズラをしてしまうのです。

あなたのことが好きだからこそしてしまうことだと思ったら、少しは可愛いなという気持ちも湧いてくるはず。

本気で嫌なことをされた場合じゃなければ、多少のイタズラくらいは許してあげましょうね。

もっと好きって言って



「いつも『好きって言って』や『愛してるって言って』とか彼女は言ってくれるけど、自分からはなかなか言ってくれない。男だってさ、好きって言われたいんだよ。甘えられても、言葉で伝えて欲しいんだよ」(通信/26歳)

「好き」や「愛してる」の言葉を聞きたいのは、男性だって同じ。

大好きな彼女には、態度だけでなく言葉でも愛を実感したいのです。

あなたは言っているつもりでも、彼は物足りないかも。

彼に甘える時は、しっかりとその気持ちを言葉にもしましょう。

言葉にすることで、お互いの思いはもっと深まるはずです。

たくさん「好き」を言葉にして、お互いの愛をもっと深めてくださいね。

彼の不満を読み取って、いつまでもラブラブなカップルでいよう(Photo by Justin Pumfrey/gettyimages)
彼の不満を読み取って、いつまでもラブラブなカップルでいよう(Photo by Justin Pumfrey/gettyimages)
いかがでしたか?

もしかしたらあなたの彼も、こんな不満を口に出来ないでいるかもしれませんよ。

彼の不満をしっかりと読み取って、自分の言動を見つめ直していきましょうね。(modelpress編集部)
モデルプレス

Hot Word !人気のキーワード

女子力 浮気

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP