嵐・二宮和也、“後輩”山田涼介との「前代未聞」のエピソード明かす「櫻井翔くんにびっくりされた」

【二宮和也・山田涼介/モデルプレス=2月22日】22日、都内にて映画「暗殺教室~卒業編~」(2016年3月25日公開)製作報告会見が行われ、主演の山田涼介(Hey! Say! JUMP)をはじめ、二宮和也)、菅田将暉、山本舞香、桐谷美玲、知英、成宮寛貴、椎名桔平、原作者の松井優征氏、羽住英一郎監督が登壇。続編から本格参戦となった二宮は、司会の軽部真一アナウンサーに「噂によると、現場で山田さんにご飯をおごったとか?」と追求されると、「いやらしくなるから、止めましょう!」と冗談交じりにかわしながらも、「ちょっとでも、明日も頑張ろうって空気になればいいなって思って」と“先輩”らしい心遣いで現場の士気を高めていたことを明かした。
会見に登壇した殺せんせー(C)モデルプレス
会見に登壇した殺せんせー(C)モデルプレス
会見に登壇した殺せんせー(C)モデルプレス
会見に登壇した殺せんせー(C)モデルプレス
二宮が参加することができなかった群馬ロケでの話。山田が「焼肉屋さんでスタッフさんを交えて結構な人数で行ったんですけど、お会計のとき『撮影に参加できなかったからということで、二宮さんのおごりです』って。美味しかったです」と感謝すると、二宮は「過酷というか寒い場所での撮影だったので」と照れ笑い。

「貯金が趣味」を公言する二宮の“太っ腹”エピソードに、軽部アナウンサーが「関係者によると二宮さんがおごるって言うのは、前代未聞だって」とつっこむと、山田も「このエピソードをの櫻井(翔)くんに話したら、『嘘だろう』ってびっくりされました(笑)」と振り返り、笑いを誘っていた。

「暗殺教室」続編で二宮和也“死神”演じる



同作は、週刊少年ジャンプで連載中の「暗殺教室」が原作で、昨年3月に公開された映画「暗殺教室」の続編。暗殺×教育という相容れない2つの要素を掛け合わせた斬新な設定と、地球破壊を予告する謎の先生“殺せんせー”をはじめとした、ユーモラスなキャラクターが織りなすコミカル教育エンターテインメント。

続編には、主人公・潮田渚を演じる山田をはじめ、前作からのキャストが総出演。さらに、前作で“殺せんせー”の声を担当した二宮が悲しき過去を抱える暗殺者・死神役として、桐谷が元3年E組担任・雪村あぐり役として、成宮が死神を現在のタコ型の超生物・殺せんせーの姿にした科学者・柳沢誇太郎役として加わるなど、豪華キャストが新たな物語を繰り広げる。(modelpress編集部)
モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

Cinema List映画一覧

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP