Sexy Zone中島健人、“ドS”ぶりに後輩・岸優太が焦る?

【中島健人・岸優太/モデルプレス=2月1日】Sexy Zoneの中島健人が1日、都内にて行われた映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』(2月27日公開)完成披露舞台挨拶に小松菜奈千葉雄大高月彩良、岸優太(ジャニーズJr.)とともに出席。同作で、これまでのイメージとは異なるドSな主人公・黒崎晴人を演じた中島は、「ジャニーズJr.にも厳しくするようにしていました」と実生活でも役作りに励んでいたことを明かした。
映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』舞台挨拶に出席した千葉雄大(C)モデルプレス
映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』舞台挨拶に出席した千葉雄大(C)モデルプレス
小松菜奈、高月彩良(C)モデルプレス
小松菜奈、高月彩良(C)モデルプレス

中島健人“ドS”にキャラ変?なぜか岸優太は焦り気味で…



「正反対のキャラなので、髪を黒染めしよう、次は心を黒染めしようとした」と振り返り、「常に黒崎という意識を持つことを心掛けていました。普段はしてなかったんですけど、後輩のジャニーズJr.がたるんでいたら注意するようにしていました」と完全に役に入りきっていた様子。

これに後輩の岸は「台本をもらった翌日から黒崎くんになっていました」とその姿勢を絶賛しつつも、「僕は健人くんに言われたとかじゃなくて、いつもちゃんとしようと思っています。僕がJr.に言っておきます!」となぜか焦り気味に。客席から笑い声がもれる中、中島から「窓口ってことね(笑)?」とつっこまれると、岸は「迷惑かけないです!」と元気いっぱいに宣言していた。

“黒王子”中島健人と“白王子”千葉雄大、小松菜奈を巡ってバトル



同作は、「別冊フレンド」で連載中の同名少女漫画が原作。「男の子にこんなことしてほしい!」という女子の妄想を赤裸々にかつ楽しく描いたドキドキしっぱなしのラブストーリーで、強引でドSな“黒王子”こと黒崎晴人(中島)と、その親友で女子の憧れの的である“白王子”こと白河タクミ(千葉)の狭間で揺れ動くヒロイン・赤羽由宇(小松)の物語。

岸は、由宇が黒崎に「絶対服従」するきっかけをつくってしまう梶祐介を演じる。

中島健人&千葉雄大、岸優太の熱弁見つめる



映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』舞台挨拶に出席した千葉雄大(C)モデルプレス
映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』舞台挨拶に出席した千葉雄大(C)モデルプレス
小松菜奈(C)モデルプレス
小松菜奈(C)モデルプレス
映画では、恋愛模様だけではなく“黒王子”と“白王子”の友情も見どころのひとつ。印象に残っているシーンについて、岸が「良いと思ったシーン、想像を越えてたシーン、(中島と千葉が)最後に戦うシーン!想像を超えていましたね!!」と熱弁すると、その一生懸命な姿を中島と千葉は微笑ましそうに見つめていた。(modelpress編集部)
モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP