新垣結衣、向井理&綾野剛は「とにかく触り合っている」と暴露

【モデルプレス】女優の新垣結衣が、俳優の向井理綾野剛の撮影現場での様子を暴露した。
向井理と綾野剛の撮影現場での様子を暴露した新垣結衣【モデルプレス】
向井理と綾野剛の撮影現場での様子を暴露した新垣結衣【モデルプレス】
29日、都内にて行われた映画「S-最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE」初日舞台挨拶に出席。プライベートでも仲がいいと言われている向井と綾野の様子を撮影現場で見ていた新垣は「とにかく触り合っていました」と暴露した。

ドラマの後半から撮影に参加したという新垣は「チームワークが出来上がっていて、そこに飛び込んだわけなのですが、そのとき集合写真を撮るとき、すでに触り合っていたんです」と向井と綾野が背中から肩へと手を回し撮影していたことを説明。そんなこともあるが、2人が仲良く話している姿を見て「信頼し合っているのが伝わります。作品は濃厚ですけど、一緒にいる期間が短いので」と穏やかな笑顔を浮かべた。

綾野は「本番とかでも、平気で僕のお尻とかをガッと触ってくるんです」と向井が触ってくることを暴露。「それは対応できなかったのですが、チャーミングなんです」と話すと向井は「本番でやっていたかな」と苦笑した。

「必死でした」



同作は、2009年より「ビッグコミック」(小学館刊)にて連載中の人気コミック「S エス-最後の警官-」が原作。2014年1月にTBS系にて連続ドラマ化され、平均視聴率14.2%、最高視聴率18.9%を記録した。物語は、犯人を生かしたままの「確保」を目的とする、警察庁直轄部隊の「National Police Safetyrescue」(警察特殊急襲捜査班 通称:NPS)を舞台に、映画では日本壊滅という未曾有の事態を回避するため奮闘する「S」が、“未来”を取り戻すべく最後にして最大の作戦に挑む姿を描く。新垣は、NPS唯一の狙撃手の女性隊員・林イルマ役を演じる。

今回の役について新垣は「やっぱり男性の中に1人女子が入るという状況はプレッシャーでもあり、負けたくないという気持ちもあり、必死でしたね」と本音を吐露。「精神的な面で優しいお兄様たちが支えてくれたので、撮り終え乗り越えることができました」と感謝していた。

(左から)新垣結衣、向井理、綾野剛
(左から)新垣結衣、向井理、綾野剛
そのほか吹石一恵、青木崇高、大森南朋、平野俊一監督が登壇した。(modelpress編集部)

モデルプレス

YouTubeのキーワード検索にて取得していますので、関係のない動画が表示されることがあります。

Photo Ranking画像ランキング

Cinema List映画一覧

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP