岩佐真悠子、「フルヌードで全力疾走」葛藤を明かす

女優の岩佐真悠子が20日、“フルヌードで全力疾走”に挑んだ心境を明かした。
映画「受難」の試写会に出席した岩佐真悠子
映画「受難」の試写会に出席した岩佐真悠子
同日、都内にて行われた映画「受難」(12月7日公開)の試写会に出席した岩佐。黒の透けレースのミニワンピから胸元をチラリとのぞかせ、色気たっぷりの美しいボディラインを披露した。

フルヌードで全力疾走をするシーンが話題を集めている同作。岩佐は役を引き受ける前からこの撮影シーンがあることを知っていたのか問われると「最初に脚本をもらっていたので、知っていましたね」と、さらりとコメント。「フルヌードに関しては考えましたけど、全力疾走についてはあまり考えなかったです」と特に抵抗を持たずに、役を受けたことを明かした。

だが、すんなりと大胆シーンを受け入れた一方で「あぁ、そういえばこれ結構大変なことなんじゃないかと。どこで撮るの?どうするの?って考えました」と思いを巡らせたこともあったと告白。実際の撮影では「2月から3月に撮影をしたんですけど、寒さでそんなことを考えている余裕は無かったですね。風邪ひくわって思って。2回走りました」と何事も無かったかのように飄々と語り、女優魂を見せた。

また同作にちなみ、肉食系や草食系、こじらせ系など多様化する現在の恋愛観についてのトークも展開。岩佐は「自分がこうしたいと思ったら行動するわけだし、みんなが自分の気持ちに素直に生きればいいと思います」と恋愛観においても自身の潔さを滲ませていた。(モデルプレス)

モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP