函館で約100年続く酒店の革命!北海道の名水と酒米を贅沢に使った、「淡麗旨口」な日本酒が登場

北海道・函館七飯町に、北海道の酒蔵では14番目となる酒蔵「箱館醸蔵」が誕生。大自然が育む地元の水・地元の米・地元の人で醸すテロワールを追求した、蔵の代表銘柄「郷宝(ごっほう)」の初回醸造の日本酒が、応援購入サービス「Makuake」に登場した。

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連記事