THE SECOND、本格始動へ EXILEの「フロント」としての決意を明かす

【THE SECOND/モデルプレス=2月29日】THE SECOND from EXILEが、雑誌「月刊EXILE」4月号(2月27日発売、株式会社LDH)に登場。昨年、12月4日に開催された『EXILE LIVE TOUR 2015“AMAZING WORLD”』にて告知されたTHE SECONDの本格始動。同誌では、その決意を固めた経緯、初となる単独アリーナツアーへの想いをそれぞれ語っている。
本格始動の理由を明かしたTHE SECOND from EXILE/「月刊EXILE」4月号より(画像提供:LDH)
本格始動の理由を明かしたTHE SECOND from EXILE/「月刊EXILE」4月号より(画像提供:LDH)

本格始動の理由とは…?



橘ケンチ/「月刊EXILE」4月号より(画像提供:LDH)
橘ケンチ/「月刊EXILE」4月号より(画像提供:LDH)
黒木啓司/「月刊EXILE」4月号より(画像提供:LDH)
黒木啓司/「月刊EXILE」4月号より(画像提供:LDH)
TETSUYA/「月刊EXILE」4月号より(画像提供:LDH)
TETSUYA/「月刊EXILE」4月号より(画像提供:LDH)
橘ケンチは、昨年末をもってEXILEを卒業した松本利夫、USA、MAKIDAIの3人について触れ「これから、EXILEが新たなカタチに進化していくなかで、THE SECOND、二代目(二代目 J Soul Brothers)のメンバーが主力となり、引っ張っていかなければならないという想いがさらに強くなった時期」と振り返りながら、「THE SECONDとして個々の力、グループの力を強化させることがEXILEを輝き続けさせるための活力になるのではないかとメンバーで話し合い、本格始動の道につながりました」と告白。

また、黒木啓司も「今まではオリジナルメンバーの皆さんがフロントでさまざまなことを教えてくださいました」と感謝し、「今後は僕たちがフロントにいくにあたり、個々の力、各グループの力をつけばければならないと思ったんです」と覚悟を明かした。

そして、TETSUYAは「THE SECONDの5人で始動する姿をファンの皆さんに見ていただき、さらにワクワクしていただけるようにメンバー全員が一丸となり、THE SECONDらしいエンタテインメントを全力でお届けしたい」と飛躍を誓っている。

NESMITH&SHOKICHIもファンに感謝



NESMITH/「月刊EXILE」4月号より(画像提供:LDH)
NESMITH/「月刊EXILE」4月号より(画像提供:LDH)
SHOKICHI/「月刊EXILE」4月号より(画像提供:LDH)
SHOKICHI/「月刊EXILE」4月号より(画像提供:LDH)
さらに、現在開催中のファンミーティングについては「今こうして活動させていただけていることは、いつも温かい声援で支えてくださっているファンの皆さんのおかげ」とNESMITH。

一方、SHOKICHIは「本当にひとりひとりと会話できるくらいの距離で皆さんと接することができると思いますし、照れくさい気持ちもありますが(笑)、素の僕たちを感じていただける瞬間もお魅せできると思います」と本音とともに、期待に胸を膨らませた。

ワイルドでパワフルなパフォーマンスが魅力のTHE SECOND。本格始動によって、これまで以上に多くの人々の心を掴むはずだ。

E-girlsが登場



このほか今号では、3月よりアリーナツアー『E-girls LIVE TOUR 2016 ~E.G. SMILE~』の開催が控えるE-girlsが表紙に登場。巻頭特集にも登場し、ツアーへの想いをDream Aya、Dream Ami、鷲尾伶菜、石井杏奈が語っている。(modelpress編集部)

情報提供:「月刊EXILE」(LDH)

モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel


TOP