ライザップグループが構造改革 M&Aは当面凍結

ライザップグループ(東京、瀬戸健社長)が構造改革に着手する。グループ会社の経営再建の早期完遂、強い経営体質の構築に注力するとともに、好調のライザップ事業を中心とした成長事業に経営資源を集中する。 短期的な収益改善が難しい事業や当初想定していたグルー…

関連記事