東京中小企業家同友会の実態調査 課題は人材確保・育成

東京と近県の企業家などが加盟する東京中小企業家同友会(会員数2224人)が、「18年度上期会員企業実態調査アンケート」の集計結果を発表した。これによると回答者の過半が「人材の確保・育成」を重視していることがわかった。 調査期間は4月1日~5月1日、回答数は464…

関連記事