余命半年の妻がつく“優しい嘘”が泣ける…武田登竜門さんの『大好きな妻だった』が話題

【漫画】余命宣告された妻、夫に冷たい態度をとる理由とは。夫婦の深い愛を描いた漫画が「泣ける」「切ない」と話題

2022.08.20 10:00
余命半年の妻がつく“優しい嘘”が泣ける…武田登竜門さんの『大好きな妻だった』が話題

コミックの映像化や、ドラマのコミカライズなどが多い今、エンタメ好きとしてチェックしておきたいホットなマンガ情報をお届けする「ザテレビジョン マンガ部」。今回は、余命半年を宣告され変わってしまった妻と、それでも献身的にサポートする夫の変わらない愛の形を描いた作品『大好きな妻だった』をピックアップ。作者の武田登竜門さんが2022年7月15日に同作をTwitterに投稿したところ、3.3万のリツイートと14.8万以上(8月18日現在)の「いいね」が寄せられ大反響を呼んだ。この記事では、武田登竜門さんにインタビューを行い、創作のきっかけやこだわりについてを語ってもらった。

「早く死にたい…」「一秒でも早く死んでくれ」裏腹な言葉に隠された、夫婦の想いに涙する人続出

夫である高橋昴(すばる)のことをいつも喜ばせようとしてくれる“大好きな妻”・千香。そんなある日、千香にガンが見つかり、余命半年と宣告される。少しでも長く一緒にいられるように、手を尽くすことを誓った昴。しかし半年後、千香は“まだ”生きていた。これまで毎日足繁く病院へ通い、洗濯物の交換や毎週のお小遣いなど献身的に妻をサポートしてきた昴。しかし千香に末期ガンが発覚して以降、二人は一度も目を合わせることなく、千香はいつも昴を突き放すような冷たい態度をとっていた。

昴の「治療頑張ってね」の言葉に、「あんたに言われなくても頑張ってるっつーの どうせ死ぬのに毎日毎日頑張ってんだよ」と冷たく返す千香。追い出されるように病室を後にし帰宅した昴は、通帳を手に家計簿をつけながら、限りある貯金の中でやりくりする術を考えていると、千香に頼まれた洗濯をし忘れていることに気づく。コインランドリーで洗濯が終わるのを待っている間、昴は過去に千香と一緒にここに洗濯をしに来たことを思い出していた。千香が楽しそうにはしゃぐ姿がフラッシュバックした昴は「一番辛いのは僕じゃない 病気で何もかも変わってしまった千香の方だ」「できることなら何だってしてやろう」とあらためて誓った。

帰り道、昴の携帯電話に千香から「明日友達来るからケーキ買ってきて よろしく」とメッセージが届く。その瞬間、千香はいつ死ぬんだろう、という言葉が頭をよぎり、自分自身に恐怖を覚える昴。次の日、ケーキを買った昴は病室まで立ち寄るも、友人の「もっと高橋くんに優しくしてあげなよ」という声が聞こえ、立ち聞きする。友人が千香のこれまでの態度をなだめるも、「ちょっとやりすぎかな?」と笑う千香に、昴はその場でイライラを募らせる。

しかし、千香は「あたしが死ぬ前にしてあげられることはもう終わりかなあ」と呟く。千香が昴に冷たい態度をとる理由は、自分から気持ちを離し、昴に残りの人生を楽しく生きてもらうため、余命宣告された時にとことん嫌な奴になろうと決めたためだと明かす。嘘をつくことが苦手な千香は、感情を隠すために昴と一度も顔を合わさないのだった。真実を知りたまらなくなった昴が病室に入るも、まだ悪態を吐く千香に、「僕も君と同じようにやるからな」「お前なんか大っ嫌いだ 一秒でも早く死んでくれ」と言って抱きしめる。それに対して涙が堪えきれず「早く死にたい…」と答える千香。お互いに想いと裏腹の言葉を言いながら、手を取り合って泣き崩れる二人。千香の“優しい嘘”がやっと暴かれ、その瞬間二人の関係は半年前のように戻ったのだった。

夫婦の変わらない愛の形を緻密かつ繊細な表現で描き、読者の涙を誘う同作。Twitter上では、「ボロボロ泣いた」「何回読んでも泣いちゃう作品」「深い深い愛」「妻をより愛そうと思う」など、読者からのコメントが続々と寄せられ、話題を集めている。

泣きながら描いたネーム、“何度も読みたくなる”仕掛け、緻密な作画…作者・武田さんにとって「思い出深い作品」

――『大好きな妻だった』を創作したきっかけや理由があればお教えください。

ふと「好きな人は素晴らしいけど、いつか死ぬという点だけは最悪だ」と思ったのがきっかけで、それで考えてみたお話です。

近しい人のお葬式の後、その人との関係が生前どうだったかで気の持ちようが違いますよね。好きであればあるほど、失った後は深い悲しみに襲われて、当分まともに生活すらできないんじゃないかと自分は思います。その一方で、汚物の処理、面倒な手続き、余計なひと往復、相手へ寄り添う姿勢作り、削られる貯金、いつ状態が悪くなるかという不安…これらから解放されるという安堵も、時としてありますよね。私が今まで生きてきた中で思っていたそういうことを、わざわざ実践しようとした、愚かだけど必死な妻と、それに気づかない愚かだけど健気な夫、その2人の関係の収束を描こうと思いました。

――『大好きな妻だった』を制作中の思い出深いエピソードがあればお教えください。

ネームの時点ではボロボロに泣いていたのですが、ネームが他の2つの編集部でボツになった後からは一滴も涙が出ず、なんならかなり精神を病み、その恨みを晴らすかのように作画した思い出深い作品です。作画はめちゃくちゃ気合入れるけど、「作画にめちゃくちゃ気合入ってる」方へ読者の気が散らないように…とか考えながらやっていたので頭がパンクしそうでした。

何回も読めるような画面にしたかったので、邪魔しない程度にいろんな仕掛けをしてあります。よろしければ何度か読んでみてください。

――短編集『あと一歩、そばに来て』や『BADDUCKS』(双葉社)など、武田登竜門さんの作品の登場人物たちは、表情や仕草までが緻密で繊細に描かれているのが印象的です。『大好きな妻だった』では、千香の病前と病後の姿が描き分けられているように感じますが、作画の際のこだわりがあれば教えてください。

同じ人物の病前と病後をはっきり描き分けたのはこれが初めてでしたが、個人的にはどんな状態の人も描くのが好きなので、千香のことを「醜くなってしまった」という風には描けませんでした。かといっていわゆる「美しい病人」にもしたくなかったので、その辺の匙加減は難しかったですが、すごくやりがいのある作画でした。

――今後の展望や目標がありましたら、お教えください。

新作『DOGA(ドガ)』は特に力を入れているので、既作よりも更に地方の小さな書店にまで並ぶような作品になってくれると嬉しいです。今後はなるべく安定した環境でのびのびと漫画を描いてお金をもらって過ごして、描くのに飽きたら別の仕事をしたいです。

※インタビューの一部は短編集『あと一歩、そばに来て』あとがきから引用

関連リンク

関連記事

  1. 松井玲奈、大粒の涙…新型コロナ感染中の思い吐露「人生の中では一番苦しいぐらいの数日間」
    松井玲奈、大粒の涙…新型コロナ感染中の思い吐露「人生の中では一番苦しいぐらいの数日間」
    WEBザテレビジョン
  2. ジャニーズWEST中間淳太 “探偵”イメージの細身スーツで「小説現代」表紙に!推しミステリから自身の創作活動まで明かす
    ジャニーズWEST中間淳太 “探偵”イメージの細身スーツで「小説現代」表紙に!推しミステリから自身の創作活動まで明かす
    WEBザテレビジョン
  3. 瀬戸朝香、“なかなか良い感じ”7歳長女によるメイクSHOTに反響「優しくて自然な感じすごくいい」「娘さんお上手!」
    瀬戸朝香、“なかなか良い感じ”7歳長女によるメイクSHOTに反響「優しくて自然な感じすごくいい」「娘さんお上手!」
    WEBザテレビジョン
  4. アンジャッシュ児嶋一哉、YouTuberかす、伶、少し大人な「今日好き」の恋愛見届け人に<明日も好きでいて、いいですか?>
    アンジャッシュ児嶋一哉、YouTuberかす、伶、少し大人な「今日好き」の恋愛見届け人に<明日も好きでいて、いいですか?>
    WEBザテレビジョン
  5. 平祐奈、美しすぎる真っ白な袴姿のSHOT公開にファン「神々しいお姿」「可愛い過ぎる!」
    平祐奈、美しすぎる真っ白な袴姿のSHOT公開にファン「神々しいお姿」「可愛い過ぎる!」
    WEBザテレビジョン
  6. A.B.C-Z×「NO MUSIC, NO IDOL?」ポスター第2弾のビジュアル解禁!ファン応募によるモザイクアートはタワレコ全店で公開
    A.B.C-Z×「NO MUSIC, NO IDOL?」ポスター第2弾のビジュアル解禁!ファン応募によるモザイクアートはタワレコ全店で公開
    WEBザテレビジョン

「ニュース」カテゴリーの最新記事

  1. 矢吹奈子、HKT48卒業メンバーから恋愛相談を受けていることを告白
    矢吹奈子、HKT48卒業メンバーから恋愛相談を受けていることを告白
    ENTAME next
  2. 30人の水着ギャルに囲まれハーレム体験 ニューヨーク屋敷「本当にありがたいお仕事」「これをプライベートでやろうと思ったら、いくらかかるんやろう」
    30人の水着ギャルに囲まれハーレム体験 ニューヨーク屋敷「本当にありがたいお仕事」「これをプライベートでやろうと思ったら、いくらかかるんやろう」
    ABEMA TIMES
  3. 衛藤美彩、夫・源田壮亮選手との授賞式裏話明かす「ずっと我慢しておりました」
    衛藤美彩、夫・源田壮亮選手との授賞式裏話明かす「ずっと我慢しておりました」
    モデルプレス
  4. 『舞いあがれ!』“久留美”山下美月、髪切ってイメチェン 「可愛すぎる」「似合ってる」と反響
    『舞いあがれ!』“久留美”山下美月、髪切ってイメチェン 「可愛すぎる」「似合ってる」と反響
    クランクイン!
  5. ぺこぱシュウペイ、 KinKi Kidsを愛し過ぎてマジで暴走!?スタッフの指示をわざと無視の一部始終
    ぺこぱシュウペイ、 KinKi Kidsを愛し過ぎてマジで暴走!?スタッフの指示をわざと無視の一部始終
    COCONUTS
  6. インスタフォロワー2万人→154万人 W杯で「BTSにいそう」と話題の韓国戦士にファンは求婚
    インスタフォロワー2万人→154万人 W杯で「BTSにいそう」と話題の韓国戦士にファンは求婚
    ENCOUNT
  7. 目黒蓮“柏木”が見せる人間的成長「もう会うことはないだろう」から「部屋に来い」へ<舞いあがれ!>
    目黒蓮“柏木”が見せる人間的成長「もう会うことはないだろう」から「部屋に来い」へ<舞いあがれ!>
    WEBザテレビジョン
  8. 山田花子、夕食の残り物をランチに持参し「たくさん作ってて良かった」
    山田花子、夕食の残り物をランチに持参し「たくさん作ってて良かった」
    ABEMA TIMES
  9. スカーレット・ヨハンソン、AmazonオリジナルでTVドラマデビュー
    スカーレット・ヨハンソン、AmazonオリジナルでTVドラマデビュー
    クランクイン!

あなたにおすすめの記事