「愛しい嘘~優しい闇~」に出演する本仮屋ユイカにインタビューを実施

本仮屋ユイカ、2022年新たな気持ちで挑む弁護士役『ムーブメントを起こす場所に帰ってこれた』<「愛しい嘘~優しい闇~」インタビュー>

2022.01.28 05:00
0
0
「愛しい嘘~優しい闇~」に出演する本仮屋ユイカにインタビューを実施

1月14日よりスタートした波瑠主演の金曜ナイトドラマ「愛しい嘘~優しい闇~」(毎週金曜夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系)は、中学卒業から14年たったある日不意に開催された同窓会をきっかけに、仲良し6人組のメンバーが、次々と亡くなっていく事件を描いた本格ラブサスペンス。マンガアプリ「Palcy(パルシィ)」(講談社)で連載中の愛本みずほの「愛しい嘘 優しい闇」を原作に据え、ドラマ版ではオリジナルのストーリー展開を見せていく。

WEBザテレビジョンでは、波瑠演じる主人公・望緒の中学時代の同級生で、弁護士として働く、真面目で常に冷静沈着な本田玲子役の本仮屋ユイカにインタビューを行い、作品への思いや共演者の印象、自身の役への向き合い方などを聞いた。

コロナ禍で生きる人々にぴったりな作品

――改めて、出演が決まった際のお気持ちを教えてください。

すごくうれしかったです。金曜ナイトドラマは3回目の出演となりますが、その一つが「民王」(2015年)で、社会現象が起きてすごかったんです。またそういったムーブメントを起こす場所に帰ってこれたんだなと感慨深く、そして、また何か面白いことをしようとしている場所に呼んでいただけたことを、とても光栄に思いました。

――原作を読んでみて、いかがでしたか?

絵のタッチにどこか懐かしい雰囲気があって、純粋さや柔らかさを感じました。しかし、「これをドラマにするんだ…」と衝撃を受けました。

――脚本を読んでみた感想をお聞かせください。

とても早いスピードで進んでいくんだなと感じました。私たちは一足先に最後まで脚本を読ませていただいたのですが…すっごく面白いです。善悪を分け切ることはできないし、人は幾重にも重ねられて存在しているんだという、そういう人間の奥深さや、物語の多面性がよく表れていて、とても練られた脚本だなと思いました。いろいろな時代のうねりや、コロナ禍で生きている現代の私たちにぴったりな、緻密な作品だと思います。

波瑠に教わる防寒対策「ほぼ100%買っています(笑)」

――撮影現場の雰囲気はいかがですか?

良い雰囲気だと思います。やっていることは衝撃的だしスリリングなのに、スタッフの皆さんも朗らかに過ごしていらっしゃって、それはやっぱり座長の波瑠さんのニュートラルさの影響がとても大きいのではないかなと感じています。

私自身は、このラブサスペンスドラマの“サスペンス担当”をしていて、常に追い詰められているという心情でドキドキしながら現場に入っているので、一人で張り詰めています(笑)。

――同世代の方が多いですが、共演者から刺激を受けた出来事はありましたか?

波瑠さん演じる望緒とのシーンが多いので、波瑠さんの佇まいはとても勉強になります。こういうふうに動じずに現場に身を預けることができるというのは大事なことだと、お会いするたびに感じています。

あとは、私がとても寒がりなので、防寒の仕方を波瑠さんに学ぶことが多くて、波瑠さんが薦めてくれた防寒グッズは、ほぼ100%買っています(笑)。通販サイトの履歴が、全部波瑠さんのお薦めで埋まっていますね(笑)。

林(遣都)さんは、すごくキュートな方です。人を疲れさせないというか、自然体でいさせてくれる懐の大きな方だというふうに感じています。林さんが演じる雨宮は、すごく難しいキャラクターで、そんな役を緻密に作られているので、とても勉強になります。

――共演者の中で初対面の印象と一番ギャップのある方はどなたでしたか? 裏話などがあればお聞かせください。

(黒川)智花ちゃんですね。思ったことが全部顔に出るのがすごく面白いなって(笑)。私も顔に出やすいほうなのですが、私よりも出やすい人を久々に見ました(笑)。そこがとてもキュートで、純粋な方なんだろうなというイメージでお会いしましたが、想像以上でした。

友人を亡くした痛みを持つ女性をきちんと表現したい

――以前、玲子のことを“愛情深さ以上にクールで端的、そして聡明な女性”と仰っていたのを拝見しました。演じる上で心掛けたことや意識したことはありますか?

その発言は、実はまだ台本をそんなに頂いていない初期の感想で、演じ進めてみた今では、「愛情深さの方が大きいのかな」「それを抑えるためにクールに振る舞っているのではないかな」と感じています。なので、もしかしたら私が最初に感じた印象とは逆の人物像なのかもしれません。

私自身は、はしゃいで空回りしがちなので、そう見えないように気を付けています。役柄の深層心理や行動原理を掘っていくと、明るい姿に派生していかないんですよね。その根本を意識しているだけで、あえて心掛けていることはないかもしれないです。

また、毎日ノートに何かしらを書いています。台本は全て書き写しているし、「なぜそれをしているのか」ということを深掘りするために、自分の想像や、台本に載っていない情報をずっと書き連ねています。そうやって、自分の深層心理を掘る作業を現場でも常にしています。

玲子は、状況を説明するせりふがすごく多いのですが、ただ説明するだけではなくて、大事な友だちを亡くした痛みを持っている女性というのをきちんと表現したいと思っています。なので、「なぜその行動をするんだろう?」ということを常に考えて、「本仮屋ユイカだったらどうするか」ということもフィードバックして、イメージしながら演じています。

――監督から具体的にアドバイスされていることがあれば教えてください。

「謎めいてほしい」というオーダーがあったので、普通の人物以上に感情を際立たせた演技を心掛けています。それは、サスペンスならではの演出なので、演じていてとても面白いです。普通のヒューマンドラマでは言われないようなオーダーがくることもありますし、後々の謎解きの際に、より視聴者の皆さんに分かりやすくなるようにしたり、衝撃的に見せるための演出も入るので、そこも楽しんでいます。

台本に書いていなくても、より多くの伏線を張って、それをきれいに回収していけるようにと常に心掛けて演じていますし、ほかの演者さんもスタッフさんもみんなが気を付けながら作ってくださっています。

チャレンジし尽くした一年、全てのOSが切り替わった状態に

――タイトル「愛しい嘘」にちなんで、ご自身がついてしまったうそや、周りの人につかれたうそなどあれば教えてください。

私は、いとこたちの中で一番年齢が上で、一番下が小学生なので随分差があるんです。結構前の話なのですが、その一番下のいとこが3歳か4歳になるタイミングで、「ユイちゃん何歳になるの?」と聞かれて、あまりに差があるので驚かせるのが嫌だなと思って「2歳だよ」と答えました(笑)。それを6年ほど言い続けていたのですが、途中から「この人はいつまで経っても2歳なんだな」と思ったのか、彼も聞くのを諦めました(笑)。

――2021年は、歌手デビューをされるなど大活躍の年だったかと思います。振り返ってみて、どんな一年でしたか?

チャレンジし尽くした一年でした。ずっと前から、いろいろとチャレンジしたいと思っていたのですが、それをちゃんと形にできた一年だったなと感じます。思いだけじゃなくて、チャレンジできる自分の土台が出来上がった一年だったので、手応えがすごくあった一年でした。

そんな中で、この作品に携われて、自分としては、全てのOSが切り替わった状態で、新しい年を迎え、新しい役をお披露目できるチャンスをいただけたので、とても幸せに感じています。

――2022年に挑戦してみたいことはありますか?

作詞をした方がいいと友人知人に言われているので、「やらなきゃ」と思っています。12月までにはやりたいと思います(笑)。

――最後に、読者にメッセージをお願いします。

先を知っている私でも、第1話を見て「あぁ、このシーンはこうやってつながっていくのか!」という発見がすごく多く、最後まで、息つく間もなく食い入るように皆さんに楽しんでいただけるドラマになっていると思います。

恐らく、最終回まで見終わった後に「ちょっと待って、じゃああれはどういうことだったの?」ともう一度見直したくなるドラマだと思うので、ぜひ録画をお忘れなくお願いいたします。

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連リンク

関連記事

  1. 松井玲奈、大粒の涙…新型コロナ感染中の思い吐露「人生の中では一番苦しいぐらいの数日間」
    松井玲奈、大粒の涙…新型コロナ感染中の思い吐露「人生の中では一番苦しいぐらいの数日間」
    WEBザテレビジョン
  2. ジャニーズWEST中間淳太 “探偵”イメージの細身スーツで「小説現代」表紙に!推しミステリから自身の創作活動まで明かす
    ジャニーズWEST中間淳太 “探偵”イメージの細身スーツで「小説現代」表紙に!推しミステリから自身の創作活動まで明かす
    WEBザテレビジョン
  3. 瀬戸朝香、“なかなか良い感じ”7歳長女によるメイクSHOTに反響「優しくて自然な感じすごくいい」「娘さんお上手!」
    瀬戸朝香、“なかなか良い感じ”7歳長女によるメイクSHOTに反響「優しくて自然な感じすごくいい」「娘さんお上手!」
    WEBザテレビジョン
  4. アンジャッシュ児嶋一哉、YouTuberかす、伶、少し大人な「今日好き」の恋愛見届け人に<明日も好きでいて、いいですか?>
    アンジャッシュ児嶋一哉、YouTuberかす、伶、少し大人な「今日好き」の恋愛見届け人に<明日も好きでいて、いいですか?>
    WEBザテレビジョン
  5. 平祐奈、美しすぎる真っ白な袴姿のSHOT公開にファン「神々しいお姿」「可愛い過ぎる!」
    平祐奈、美しすぎる真っ白な袴姿のSHOT公開にファン「神々しいお姿」「可愛い過ぎる!」
    WEBザテレビジョン
  6. A.B.C-Z×「NO MUSIC, NO IDOL?」ポスター第2弾のビジュアル解禁!ファン応募によるモザイクアートはタワレコ全店で公開
    A.B.C-Z×「NO MUSIC, NO IDOL?」ポスター第2弾のビジュアル解禁!ファン応募によるモザイクアートはタワレコ全店で公開
    WEBザテレビジョン

「ニュース」カテゴリーの最新記事

  1. “ぱんつのお姫様”あまつまりな「露出度は高いけど上品に仕上がっている」全て透ける衣装で“過去最高の露出”に
    “ぱんつのお姫様”あまつまりな「露出度は高いけど上品に仕上がっている」全て透ける衣装で“過去最高の露出”に
    WEBザテレビジョン
  2. 山田花子、慌てて買い物し間違えてしまったもの「ケールと思って買ったら」
    山田花子、慌てて買い物し間違えてしまったもの「ケールと思って買ったら」
    ABEMA TIMES
  3. 辻希美、三男を着替えさせたときに起きた“奇跡”「ミニモニ。からのウルトラマン」
    辻希美、三男を着替えさせたときに起きた“奇跡”「ミニモニ。からのウルトラマン」
    ABEMA TIMES
  4. 才賀紀左衛門の彼女、妊娠中に医師から言われたこと「女性は特に鉄分不足になりがち」
    才賀紀左衛門の彼女、妊娠中に医師から言われたこと「女性は特に鉄分不足になりがち」
    ABEMA TIMES
  5. 君島十和子さん、血液検査の際に医師から叱られたこと「全体の血液の量が少ない」
    君島十和子さん、血液検査の際に医師から叱られたこと「全体の血液の量が少ない」
    ABEMA TIMES
  6. 原田龍二の妻『コストコ』で初めて発見しつい購入した品「小分けにして冷凍して」
    原田龍二の妻『コストコ』で初めて発見しつい購入した品「小分けにして冷凍して」
    ABEMA TIMES
  7. 佐野勇斗、高級腕時計を買うための“目標”「M!LKでドームツアーが出来たら」
    佐野勇斗、高級腕時計を買うための“目標”「M!LKでドームツアーが出来たら」
    ABEMA TIMES
  8. アレク、妻・川崎希がブチギレしていた理由「怖いのです」
    アレク、妻・川崎希がブチギレしていた理由「怖いのです」
    ABEMA TIMES
  9. 28歳で生存率0%と言われた希少がん「なんで俺が?なんで今なんだ?」
    28歳で生存率0%と言われた希少がん「なんで俺が?なんで今なんだ?」
    ABEMA TIMES

あなたにおすすめの記事