新浜レオン(※提供写真)

新浜レオン、本格演技に初挑戦!!新曲「さよならを決めたのなら」兼重淳監督制作MVが 大きな話題に...!!

2021.05.08 12:00
0
0
提供:WWS channel

「演歌第7世代」と呼ばれ勢いが増す新浜レオン。5月12日にリリースされる初の両A面シングル「ダメ ダメ…」「さよならを決めたのなら」は、新浜レオンのふたつの顔が楽しめる2曲。

まず最初に公開された「さよならを決めたのなら」MVは、映画『キセキ-あの日のソビト-』『泣くな赤鬼』『461個の おべんとう』『水上のフライト』WOWOW ドラマW『神の手』など数々の話題作を制作し続けている兼重淳監督作品で、そのスタッフも兼重組の一流制作陣が名を連ねている。歌詞とはまた違ったオリジナルストーリーが展開されたこの映像は、ファンの間で話題騒然となり「観れば観るほど引き込まれます。」「飾らない演技に魅せられました。」「素晴らしすぎて、何度見ても涙が止まりません」など感動のコメントが相次いでいる。

今回のMVでは新浜レオンが俳優として出演し、演技に初チャレンジ。「今回の撮影で、演技の楽しさと難しさ、映像をチームで作り上げることの達成感など本当にたくさんのことを学びました。」と語っている。

MV初公開に際して行われたイベントでは今回制作を手がけた兼重淳監督がゲスト出演。今回の映像制作の経緯として「以前より俳優の勉強をしていますと皆さんにお伝えしていたのですが、その勉強の場としてのワークショップで先生をしていただいたのが兼重監督だったんです」と新浜。それに対し、「そうなんです。その時はレオンくんのことは全く知らなかったのですが、レッスンの終わりに自分のCDにサインを入れて持ってきた子がいて。それがレオンくんだったんです」とその出会いについて監督は振り返った。
MVはこの日のイベント中に初披露され、そのコメントの多さに驚いた二人。

「公開されるまで、皆さんがどんな風に受け止めてくださるのかドキドキして、昨日から眠れないくらい緊張していました」と言う新浜。「僕の初演技点数をつけるとしたら?」と不安げに問いかけると監督からは、「100点じゃないの。今持っているものを全部出しきったんでしょ。それに引き出しが増えて経験値が上がれば次の100点を目指せるし。現時点では100点!」とあたたかいコメントがあり、視聴者からの感動のコメントも相次いだ。

イベント最後には、「レオンくんは座長感があるなって思いました。ものづくりの中心にいてスタッフが“この人のために頑張ろう”って思えるような」と、思いがけないコメントを受け取った新浜。感動に浸りつつ今後に向けての飛躍を誓うイベントでのMV公開となった。この日はMVに出演している俳優 岩田龍青も会場に駆けつけ、3人の裏話トークが視聴者を沸かせた。

そして5月7日には、デビュー前から何度となくステージに立ってきた名店「音のヨーロー堂」での配信LIVEでこの「さよならを決めたのなら」を初披露した新浜。MVとはまた違った生の歌声に、視聴者からの「涙がとまりません」「心に沁みました」など感動のコメントが殺到。伸びやかで時に切ない歌声にモニター越しの視聴者は魅了され続けた。

そしてもう一曲、「ダメ ダメ…」MVもこの日初公開された。こちらは一転、女性ダンサー2名との息のあったコラボレーションでド派手な演出が目を引く作品に仕上がった。こちらもイベント中に公開となったが、ファンからは「カッコ良すぎ!!」「最幸!!」「まぶしすぎー!!」との感嘆のコメントが殺到。流れるコメントが速すぎて読むこともままならないほどの事態となり、配信イベントを更に盛り上げた。

来週のリリースに向けて、続々と新たな情報を発信し続ける新浜レオン。
勢いを増すその快進撃から、まだまだ目が離せそうにない。

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連リンク

関連記事

  1. WWS channel
  2. WWS channel
  3. WWS channel
  4. WWS channel
  5. WWS channel
  6. WWS channel
  7. 株式会社クワンジャパン

「音楽」カテゴリーの最新記事

  1. WWS channel
  2. WWS channel
  3. WWS channel
  4. WWS channel
  5. OKMusic
  6. OKMusic
  7. OKMusic
  8. OKMusic