『MODERN TIME』を聴くと感じる、吉川晃司が同世代の頭目である理由

今年2月から開催していた35周年の記念ツアー『KIKKAWA KOJI 35th Anniversa...

関連記事