高橋里奈 たかはしりな

「高橋里奈」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「高橋里奈」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!


高橋里奈のSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

高橋里奈のプロフィール

高橋 里奈(たかはし りな)
11月17日
歌手、モデル、女優
埼玉県出身
ネイムマネジメント所属
東京成徳大学深谷高等学校中退
2011年現在、ファッション誌『Precious』の専属モデル。夫はフォトグラファーの荻島稔であり、2児の母。
数回にわたって芸名を改名しており、2008年現在は“高橋里奈”名義で活動している。

来歴
1982年に雑誌「Fine」のモデル・コンテストで優勝。1985年にTBS「スターオーディション」で河合奈保子の「唇のプライバシー」を歌ってグランプリを獲得して芸能界デビュー。1985年9月5日「16歳の儀式」でアイドル歌手としてデビュー、当時の芸名は「高橋利奈」。作詞は売野雅勇が手掛け、その後もよく一緒に仕事をしている。同期アイドルデビューに中山美穂、南野陽子、浅香唯、井森美幸、森口博子などがいた。
しかし、アイドル時代は目立ったヒット曲もなく成功したとは言えなかった。その後1988年に、フジテレビ系深夜番組「オールナイトフジ」の第2部ともいえる「オールナイトフジ延長戦」のMCとして起用される。同時に芸名を「RiNA」に変更し、歌手としても復活。復活第1弾シングル「KISSABLE」は、大御所作家2人の作品である(阿久悠作詞、筒美京平作曲)。
その後、芸名を「高橋リナ」に変更し、歌手活動と並行して、CMモデルとしても活動。1990年に出演したJR東海「クリスマス・エクスプレス」では、一躍世間の注目を浴びる。翌1991年8月30日には、「笑っていいとも」のテレフォンショッキングにも登場した。
また、当時はチェッカーズが所属する「スリースタープロ」に所属し、番組や企画にもお呼びがよくかかった。1991年にはチェッカーズの鶴久政治とデュオ「MASARINA/マサリナ」を組み、CDリリース、コンサート・ツアーなども行ない、フミヤが司会する「鎌倉恋愛委員会」などにも出演していた。1992年にドラマ「君のためにできること」に出演した後はドラマ、バラエティ展開は一段落。
1993年には、「太陽に出逢う風」がNHKのドキュメンタリー番組「はるばると世界旅」のエンディング・テーマに採用された。さらに、初のオリジナル・アルバムとなる「Je vis ジュ・ヴィ」も制作するなど、充実した音楽活動を行なった年でもあった。
以後はCM、雑誌等のモデルとしての活動が主立ったところであるが、1996年にはパイオニアLDC(現在のNBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン)にレコード・レーベルを移籍。CMタイアップで3年ぶりの新曲となる「DREAM IS MAGIC」をリリースし、本名である「高橋理奈」名義に改名。翌1997年には、自身にとって2枚目となるオリジナル・アルバム「裸の水」を発表。作詞のほとんどを旧知の売野雅勇が担当した。作曲陣にも山本達彦、かの香織、千住明、Face 2 fAKE、演奏にたま、吉川忠英などが参加、彼女自身も作詞・作曲・ハーモニカ演奏をこなした。これが彼女にとって現時点では最も大きいプロジェクトであり、かつ最後のCDリリースともなっている。
彼女の代表的なCMには、JR東海の「クリスマス・エクスプレス'90」もあるが、1994年 - 1996年まで初代イメージキャラクターを務めた花王ソフィーナ「AUBE」 (当時のキャッチコピーは「カップにつかない口紅」)は、その後 上原さくら⇒浜崎あゆみ⇒ケリー・チャン⇒内田有紀⇒hitomi⇒井川遥⇒片瀬那奈⇒上戸彩⇒梨花⇒菅野美穂らへと今も受け継がれる。

シングル
16歳の儀式 「高橋利奈」 (1985.09.05)
c/w 想い出のスクール・リング
× BATSU 「高橋利奈」 (1986.03.05)
c/w メビウスのクラスメイト
KISSABLE 「RiNA」 (1988.04.21)
c/w Bee〜ミツバチに追われて
サザンは歌えない 「RiNA」 (1989.07.21)
c/w QUESTION
星ばなし夢ばなし 「RiNA」 (1989.10.21)
c/w 帰らないで
忘れないで 「RiNA」 (1990.03.21)
c/w 私から手を引いて!
切ないね悲しいね 「RiNA」 (1990.08.21)
c/w スイスイ  中部電力 企業イメージソング
少年に帰りなさい 「高橋リナ」 (1991.03.21) アニメーション映画「トトイ」挿入歌
c/w 愛は悲しい笑顔  アニメーション映画「トトイ」挿入歌
そしてギルティ 「高橋リナ」 (1991.06.26)
c/w Like music
One Night Angel 「高橋リナ」 (1992.10.21)
c/w 翼をひろげて
太陽に出逢う風 「高橋リナ」 (1993.09.17) NHK「はるばると世界旅」エンディング・テーマ
c/w 心の水彩画
Cry Tomorrow 「高橋リナ」 (1993.10.20) オンワード「五大陸」CMイメージソング
c/w Je vis
DREAM IS MAGIC 「高橋理奈」 (1996.08.21) 花王ソフィーナAUBE キャンペーンソング
c/w GARDENIA
HOLY CHILD 「高橋理奈」 (1996.11.27) 花王ソフィーナAUBE「リップクチュール」CFソング
c/w WHISPERS
NEOfilia 「高橋理奈」 (1996.12.04) 銀座ジュエリーマキ「ラプソアモ」CFイメージソング
c/w RAIN TREE
アルバム[編集]
Je vis ジュ・ヴィ 「高橋リナ」(1993年)
裸の水 「高橋理奈」(1997年)

シングル
いい人でいられない (1991.10.23)
世界で一番近くにいて (1992.02.21)

アルバム
MASARINA(1992年)

ビデオ
MASARINA TOUR 1992(1992年)

映画
激しい季節(1998年)久藤京子役
まぐろのしっぽ(2000年)
修羅のみち3 広島四国全面戦争(2001年)
白い船(2001年)福間先生役
修羅のみち4 北九州代理戦争(2002年)
ファンタスティポ(2002年)
Breath Less(2005年)女刑事・裕子役

テレビドラマ
ハリウッドヒルズ(1988年、テレビ朝日系)姉役
君だけにメリークリスマス(1991年11月 - 12月、テレビ東京系)山形真砂子役
君のためにできること(1992年7月 - 9月、フジテレビ系)石田ゆり子の同僚役
お気らく主婦の大冒険3 豪華スキー湯けむりツアー殺人事件(2000年3月10日、フジテレビ系)ゆりか役
手塚治虫劇場「ふしぎなメルモ」(2000年4月13日、テレビ朝日系)
京極夏彦 「怪」 第2話「隠神だぬき」(2000年3月18日、WOWOW) - 澄江 役
金田一少年の事件簿 第3回「仏蘭西銀貨殺人事件」(2001年7月28日、日本テレビ系)鳥丸奈緒子役
医者と患者〜Doktor/Kranke(2001年12月5日 - 、BSフジ)医師・窪塚みゆき役

バラエティ等
EXPOスクランブル(1985年、TBS)
8時だョ!全員集合(1985年9月、TBS系)
花の女子校 聖カトレア学園(1986年4月、TV東京系)
オールナイトフジ延長戦(1988年、フジテレビ)
熱帯夜アカデミー「BODY SONIC」(1988年、テレビ朝日系)
鎌倉恋愛委員会(1990年、TBS系)
地球ZIG ZAG(1993-1994年、毎日放送・TBS系)司会
テレバイダー(2002年、東京MXテレビ)司会
celeb-life(BSフジ)

CM
JR東海「クリスマスエクスプレス」(1990年)
三貴「カメリア・ダイヤモンド」
キグナス石油
中部電力「企業広告」 - 唐沢寿明と共演
資生堂「フリシェ」(1991年) - 松雪泰子と共演
日産自動車・日産プリンス店系列オリジナルCM(1991-1992年)
キリンビール「ラガー」(1992年) - 堤真一と共演
レディーボーデンジャパン
日清製粉「マ・マー」
花王ソフィーナ「AUBE」(1994-1996年)
三菱自動車「ミラージュ・モダーク」(1997年)
学生援護会「サリダ」
フォード「フェスティバ」
スバル「プレオLS」(2000年)
野村證券「新サービスシステム」(2001年) - 田辺誠一と共演
資生堂「ホワイテス・サンプロテクトホワイト」(2001年)
ロート製薬「レヴィフェイス」(2002年)
TOYOTA「プラッツ」(2003年)
ファーストリテイリング「ユニクロ」
花王ソフィーナ「ALBLANC」(2004年)

舞台
ダニーと碧い海(1998年、シアターX)
マヌエラ 〜燃える上海 恋する女〜(1999年1月3日 - 2月20日、PARCO劇場)ダンサー・リューバ役

その他
野村證券「ネット証券取引の今後」(2000年10月21日、東証アローズ)ゲスト出演
TOKYO FM 南方楽園倶楽部(ナビゲーター)
FM横浜 コットンスリムス(ナビゲーター)
セガ ニュールーマニア ポロリ青春(ゲーム内ドラマ出演)

書籍
高橋 里奈 『RINA モデル・高橋里奈をつくる42の秘密』 講談社、2011年。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
高橋里奈を「ウィキペディア」で参照する