アギネス・ディーン あぎねすでぃーん

「アギネス・ディーン」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「アギネス・ディーン」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!


アギネス・ディーンのプロフィール

アギネス・ディーン
プロフィール
愛称 アギー
生年月日 1983年2月16日
現年齢 30歳
出身地 イギリス
瞳の色 青
毛髪の色 金
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 173 cm / ― kg
スリーサイズ 81 - 61 - 86 cm
靴のサイズ  25.0 cm

■来歴
まず最初にモデル事務所のセレクト・モデル・マネージメントと契約。
2007年5月に米国版『ヴォーグ』においてドゥツェン・クロース、キャロライン・トレンティーニ、ラケル・ジマーマン、サーシャ・ピヴォヴァロヴァ、ジェシカ・スタム、ココ・ロシャ、ヒラリー・ローダ、シャネル・イマン、リリー・ドナルドソンらと並んで“新たなスーパーモデル”として一押しを受けた[13]。
イギリス、イタリア版『ヴォーグ』や『サンデー・タイム・スタイル』『ポップ』『グラチナ』『タイム・スタイル & ライフ』ほか多数の国際的な雑誌の表紙を飾っている[14]。
アナスイ、ブルガール・ブルーマリン、バーバリー、キャシャレル、ジャンフランコ・フェレ、マウジー、メゾン・ギルフィー、資生堂、ジョルジオ・アルマーニ、マルベリー、ポール・スミス、リーボック、ヴィヴィアン・ウエストウッドなどのショーや広告に出演。こうした名高いブランド群との契約を保持しつつ、バーバーリーの「ビート」、ジャイルズ・ディーコンの「ゴールド」、ジャン=ポール・ゴルティエの「マダム」などといった香水や資生堂の「MAQuillAGE」、そして幼馴染のヘンリー・ホランドの「ハウス・オブ・ホランド」の広告などに起用されている。2009年にはユニクロの新しいキャンペーンCMにガブリエル・オーブリーとともに出演。
2008年5月に雑誌『i-D』のゲスト編集者を務めた。誌面は彼女と彼女の周辺に関して書かれた記事とヴィヴィアン・ウエストウッドの様なファッションインサイダーへのインタビュー記事などにより構成される。
2009年6月に『デイリー・ミラー』がディーンが恋人とより多くの時間を過ごすためにモデルの仕事を辞めると報じられた。ディーンが役者としてのキャリアを追求するためにイギリスの俳優エージェントを雇ったと新聞は出典を引用した[15]。
ドイツ出身の写真家・アンナ・バウアーの「21世紀初頭の10年間を飾るファッション界の“顔”」をテーマとした写真集『ANNA BAUER: BACKSTAGE』が発刊に至った2012年には、ケイト・モスやミランダ・カー、ララ・ストーン、ナタリア・ヴォディアノヴァ、ステラ・テナント、リリー・コールなどのモデルらや数多のファッション関係者らとともにこれに登場した[16]。

■ブランド
自身がデザインするブランドが『アイ・アム・バイ・アギネス・ディーン』(I AM by AGYNESS DEYN)。バーニーズ・ニューヨークのエコキャンペーンとコラボレーションし『アイ・アム・バイ・アギネス・ディーン・フォー・バーニーズ・グリーン』(I AM by AGYNESS DEYN for BARNEYS GREEN)というキャンペーンを実施し、バーニーズ ニューヨーク オンラインストアで販売を開始した。

■私生活
友人などには“アギー”の愛称で知られている。現在はロンドンプリムローズ・ヒルとニューヨーク市の両方で生活している[20]。
過去にザ・バティトンズのジョシュ・ハバード、ザ・ストロークスのギタリストアルバート・ハモンドJr.[21]、ザ・ラスト・シャドウ・パペッツのマイルズ・ケインと交際していた。
インターネットにおいて自身でツイッターを配信している。2010年の3月にはそのツイッター上で創価学会名誉会長池田大作のいわゆる名言を引用してみせた。[22]
2012年6月、俳優のジョヴァンニ・リビシと結婚。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
アギネス・ディーンを「ウィキペディア」で参照する