提供:ママスタセレクト

【前編】45歳で終活スタート。思い出の品は全部捨てたけれど、もっと捨ててしまいたい……

2020.12.07 10:30
0
0
022_その他_めい

年齢に関係なく、いつか自分がこの世を去るときに遺された人たちが困らないようにと自分の物を処分する。このような片付けの仕方にどことなく抵抗を感じる人もいるかもしれません。ママたちが悩みを打ち明けるママスタコミュニティにも、あるママからこんな投稿がありました。
『現在45歳で、小学生の子どもが2人います。近頃「明日死んでしまうかもしれない」そんな思いに囚われて、家族が捨てるのに困るだろうなと思う写真など自分の過去のものを全て捨てました。いわゆる「終活」を始めたつもりでいます。別に、早く死にたいと望んでいるわけでもないですし、家族のことが大切で、大好きです。今日も捨てるものを探しています。この気持ちをわかってくださる人はいますか?』
終活とは俗に、人生の終わりを考えることを通じて、自分を見つめ直し、今後の人生をもっと自分らしく、より良く生きていく活動です。悲しみや寂しさからの行動ではなく、どちらかというと前向きな考え方でなされるもの。45歳の投稿者さんは「終活」と称して、まずは写真などを処分し始めました。

「終活」、私も始めました!



『私は47歳で、終活を考えていました。とりあえず見られたくないものから捨てようかと。写真とか昔もらった手紙とか』
『わかる。いつ何があるかわからないよね。私も最近家族に見られたくないものを捨てた』
『わかるわかる。夏におばあちゃんが96歳で亡くなったけれど、誰しも人生はわからない。いつどこでって。わかるよ!』
この投稿を見て、同じく終活に取り組んでいる、これからやろうと思っていたなどのコメントが寄せられました。実際に終活と称して、家族などに見られたくないものを既に処分したというママも。身近な人の死など自分もいつ何時この世を去るかもしれないと思う出来事が終活のきっかけとなるようですね。

どうしてこんなにも捨てることについて考えるのだろう……



『まだまだ私物を減らせる気がしています。こんな思いに日々かられるのは、なぜなんだろうとも考えています』
これまでたくさんのものを処分してきた投稿者さんですが、もっと減らしていきたいと考えています。「もっと、もっと」と焦る気持ち、私物を手放すことで何かから逃げようとしているのではないかとも思える……なぜこんな気持ちになってしまっているのでしょうか。
自分が死んだあと、遺された家族が困らないように
『なんとなくわかります。お葬式は家族のみで安く簡単に、生命保険のお金は子どもたちの習い事に使ってほしいとか。臓器提供は使えるものがあれば使ってほしいとか。そう考えられる年代になってきたんだなと思っています』
『家族に迷惑を掛けたくない気持ちが優先されてるんじゃないかな』
これまで生きてきた人生の中では、自分中心に考えても許される時期もありました。でも今は結婚をして子どももいて、自分よりも子どものために何ができるのかを自分なりに突き詰めて考え始めた。その第一歩として、自分が亡くなったあとで家族が困らないよう、せめて物の処分くらいはしておこうと考えたすえの行動なのかもしれません。
過去を振り返るようなものは要らない
『私が仲良くしてる人は皆幸せに生きてきた人たちで、過去を懐かしんだり、過去の思い出を楽しそうに話します。私は何も話せることがないし、話したらドン引きされるか同情されて変な空気になるようなことばかりです。私の学生時代や独身時代には、人に話せるような楽しい出来事がないのです。アルバムは見返すことはないけれど、残しておくのが普通なんだと勝手に思い込んでいました』
学生のときや独身時代を振り返ると、楽しい思い出がないばかりか、むしろ思い出したくない記憶ばかり。「他の人はもっと楽しいときを過ごしていたのに、自分はそうではなかった」と切なくなるので、嫌な思い出がよみがえる写真などは処分してしまいたくなるのでしょう。

45歳にして次々と私物を処分し、「終活」に取り組む投稿者さん。子どものためだけでなく、過去を振り返っても、あまりいい思い出がないからということも終活の理由の1つとして挙げています。今も処分するものを探しているようですが……物の処分が行き過ぎると逆に、子どもたちが困ることもあるようです。

後編へ続く。

文・川崎さちえ 編集・清見朱里 イラスト・めい

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連リンク

関連記事

  1. 妊娠中の体重管理に気をつけていたママたち、どんなものを食べていた?
    妊娠中の体重管理に気をつけていたママたち、どんなものを食べていた?
    ママスタ☆セレクト
  2. 「できたー!」子どもの工作作品たち!収納スペースがたりない!そんなときにおすすめの解決法は?
    「できたー!」子どもの工作作品たち!収納スペースがたりない!そんなときにおすすめの解決法は?
    ママスタ☆セレクト
  3. 【前編:娘はおませさん】お姉ちゃんらしさ炸裂!? #4コマ母道場
    【前編:娘はおませさん】お姉ちゃんらしさ炸裂!? #4コマ母道場
    ママスタ☆セレクト
  4. 【後編:娘はおませさん】お姉ちゃんらしさ炸裂!? #4コマ母道場
    【後編:娘はおませさん】お姉ちゃんらしさ炸裂!? #4コマ母道場
    ママスタ☆セレクト
  5. 小学1年生、毎日が楽しくて仕方ない!ウキウキしながら登校するわが子にほっこりするママたちの声
    小学1年生、毎日が楽しくて仕方ない!ウキウキしながら登校するわが子にほっこりするママたちの声
    ママスタ☆セレクト
  6. 白菜3玉は軽く使える!?白菜をおいしく大量消費できるレシピを知りたい
    白菜3玉は軽く使える!?白菜をおいしく大量消費できるレシピを知りたい
    ママスタ☆セレクト

「ママ」カテゴリーの最新記事

  1. <夫と気持ちの疎通>心配性な夫「過剰な心配は結構です!」的確に痛みを伝えるアイデアとは【まんが】
    <夫と気持ちの疎通>心配性な夫「過剰な心配は結構です!」的確に痛みを伝えるアイデアとは【まんが】
    ママスタ☆セレクト
  2. <旦那本人には言えない>出会った頃はかっこよかった旦那さん。結婚して、パパになった今でもかっこいいまま?
    <旦那本人には言えない>出会った頃はかっこよかった旦那さん。結婚して、パパになった今でもかっこいいまま?
    ママスタ☆セレクト
  3. <親の不倫話を子どもに>「聞きたくない」義父の不倫について話さないで。義母にお願い【後編まんが】
    <親の不倫話を子どもに>「聞きたくない」義父の不倫について話さないで。義母にお願い【後編まんが】
    ママスタ☆セレクト
  4. あなたの家では豚汁に何の芋を入れますか?さつまいも、里芋、じゃがいも、それとも入れない?
    あなたの家では豚汁に何の芋を入れますか?さつまいも、里芋、じゃがいも、それとも入れない?
    ママスタ☆セレクト
  5. <親が出ると過保護になる?>男の子のイタズラが嫌な娘が「ママが先生に言ってやめさせて」と言う
    <親が出ると過保護になる?>男の子のイタズラが嫌な娘が「ママが先生に言ってやめさせて」と言う
    ママスタ☆セレクト
  6. 初めての一時保育 張り詰めていた心がほどけた園長先生の言葉
    初めての一時保育 張り詰めていた心がほどけた園長先生の言葉
    ママスタ☆セレクト
  7. <ワンオペ中の台風>母になって経験した初めての災害。やってきた大型の台風からの学び
    <ワンオペ中の台風>母になって経験した初めての災害。やってきた大型の台風からの学び
    ママスタ☆セレクト
  8. <義妹が非協力的>【前編】義実家の墓じまいに1,000万円かかるのに義妹が負担してくれない!
    <義妹が非協力的>【前編】義実家の墓じまいに1,000万円かかるのに義妹が負担してくれない!
    ママスタ☆セレクト
  9. <ちょっと待って>【後編】義実家の墓じまいに1,000万円かかるのに義妹が負担してくれない!
    <ちょっと待って>【後編】義実家の墓じまいに1,000万円かかるのに義妹が負担してくれない!
    ママスタ☆セレクト

あなたにおすすめの記事