子どもの「相手のために」の気持ちの行方。善意とお節介の悲しいすれ違い【モチコの親バカ&ツッコミ育児】

二太郎(1歳)があるキャラクターのキーホルダーをもらったときのことです。姉のイチコ(4歳)と二太郎であるすれ違いが…。うーん、難しい問題!イチコは「こうしたら私はうれしいから二太郎もうれしいに違いない!」と思ってやってあげたこと。でも二太郎

関連記事