男性も興奮!エッチが上手い女子が知っている隠しテク5つ

この記事は18歳未満の方の閲覧を固くお断りします。18歳以上ですか? いいえ はい

【セックス/モデルプレス】セックスを思いっきり楽しみたいという気持ちはあっても、長く付き合っているとどうしてもマンネリを感じる時はきます。今回は、そんな時こそ試してほしいエッチテクを5つご紹介。これを知れば彼とのセックスが、今日からもっと楽しみになるはずですよ!
男性も思わず声が!知ったら癖になるエッチテク5選(Photo by bart78)
男性も思わず声が!知ったら癖になるエッチテク5選(Photo by bart78)

その1「関節の裏攻め」

乳首など代表的な性感帯の他に、耳や首などを舐めてお互いを愛撫するカップルも多いと思います。

もちろんそれも効果的ですが、あまり知られていない性感帯が肘の裏側。関節の裏は皮膚が薄く、とても敏感な部分なんです。

優しく彼の肘裏を舐めてあげれば、今まで経験したことがないゾクゾクする刺激に、思わず女性の様な声を出してしまうかもしれません。

さらに気持ちよくなる方法


思わず男性も喘ぎ声が(Photo by marinasvetlova/Fotolia)
思わず男性も喘ぎ声が(Photo by marinasvetlova/Fotolia)
他にも、膝の裏もおすすめ。人によって性感帯は異なりますが、くすぐったい所や皮膚が薄い所は気持ちよくなるポイント。

抵抗がない方は、足の裏や脇を舐めて責める(責めてもらう)のもオススメですよ。

その2「背徳プレイ」

シュチュエーションで興奮を高めるのはセックスの定番テクニック。

コスプレやラブホテルでのセックスも、多くはシュチュエーションを変える目的があります。中でもおすすめしたいシュチュエーションは背徳感を覚えながらするセックス。

ピンとこない人もいるかもしれませんが、例えば平日の昼間に彼とセックスするのも背徳プレイの一つ。

早朝セックスで簡単に背徳プレイを(Photo by Wisky)
早朝セックスで簡単に背徳プレイを(Photo by Wisky)
「今頃みんな勉強したり働いているのに…」という背徳感が、2人の興奮をよりいっそう高めることに繋がるんです。

他にも、「お互いの実家で…」「隣の部屋には友達が…」なんて、声が出せない状況にするのも興奮を高める方法。声を抑えようとすればするほど、我慢できなくなるのは男性も同じなんです。

夜しかセックスしないというカップルは、早く起きて“寝起きセックス”をするだけでも、朝からセックスすることへの背徳感で興奮度は増すはずですよ。

その3「お風呂セックス」

これもあまりメジャーではありませんが、お風呂セックスは五感をフルに刺激させるエッチテクです。

お風呂なら汗も気にならないし、むしろ石鹸の香りがより大胆に体を舐める行為に繋がることも。「その1」で紹介した、足の裏や脇を舐めるプレイを試してみるのも◯。

お風呂セックスはいいことずくめ(Photo by Monkey Business/Fotolia)
お風呂セックスはいいことずくめ(Photo by Monkey Business/Fotolia)
また、シャワーの音がしていると自然と声がでて、ほんのり上気した肌はカラダを綺麗に見せてくれることもあります。

もし、広めのお風呂があるならベッドではできないローションプレイもおすすめ。

そのまま一緒にカラダを洗いっこすれば、2人の関係は、もっとアツアツに…!

お風呂セックスでもマナーを


その4「セックス旅行」

旅行先の旅館やホテルで気分が盛り上がり、イイ感じの雰囲気になることって多いですよね。しかも、普段とは違う激しいセックスになったり…。

これも、いつもとは違う雰囲気のシュチュエーションが気分を盛り上げてくれている証拠。

安心感もセックスを楽しむために大切(Photo by bart78)
安心感もセックスを楽しむために大切(Photo by bart78)
もちろんそれだけでもいいですが、セックスを目的に旅行に行くのも、2人の気分をとても盛り上げてくれます。

例えば昼は地方の変わったラブホ観光&セックス、夜は旅館で美味しい料理&セックスなんてプランもおすすめ。

「どんな場所でセックスができるんだろう」と想像しながら彼と一緒にプランを練るだけで、当日の盛り上がり方は全然違うはずですよ。

その5「シームレスセックス」

愛撫の間は最高に盛り上がっていたのに、いざ挿入となった時に盛り下がった経験ってありませんか?

その原因の多くはコンドームの装着に時間がかかることだと思います。もちろんコンドームは安心してセックスを楽しむためのエチケットだし、勢いのまま生でするのは避けたいところ。

いざ本番となった時、手の届くところにコンドームを置いておきたいですが、基本的に男性に任せている人がほとんどだと思います。

愛撫からシームレス(つなぎ目のない)にセックスするには、女性がコンドームを用意するのも一つのテクニック。

しかもコンドームと一概に言っても薄さや肌触りなど多種多様。選び方一つでセックスの気持ちよさは段違いに変わります。

コンドーム選びも大切


挿入時、男性はもちろん女性も気持ちよく感じる“コンドーム選び”は、セックスを楽しむための重要なエッチテクです。

様々な種類がある中で、男女共に人気があるのが「SKYN」というコンドーム。「SKYN」の大きな特徴はiR(イソプレンラバー)という素材を使っていること。

スタイリッシュなデザインも嬉しい
スタイリッシュなデザインも嬉しい
一般的なコンドームの素材は天然ゴムかウレタンと言われていますが、それに比べると肌触りが人肌に近く、お餅のように柔らかくなっています。

iR素材は手術用手袋でも使われているとのことで、指先のちょっとした感覚も重要になる医療現場でも重宝されているんですね。

だからこそ、“もち肌”のようなぷにぷに感と“付けていない”かのような気持ちよさを体感でき、使用した97%の方が満足しているという結果に(不二ラテックス調べ)。

「SKYN」はエリンギよりも柔らかい467kPa(弾性率を表す数値)
「SKYN」はエリンギよりも柔らかい467kPa(弾性率を表す数値)
現在、無料のサンプルトライアルも実施中。「SKYN」特有の“もちもち感”を試してみるチャンスです。

「合う」「合わない」というのもあると思うので、購入前に実際に使えるのは嬉しいところですね。

肌触りを試してみる


楽しくて気持ちいいセックスをするなら、「安心感」も大切な要素。

全てを彼に任せるのではなく、女性からもどんどんアプローチしていくことで2人の関係をより近くしてくれるはずです。

性に対して女性からも積極的に意見をして、お互いが最高に気持ちいいセックスを楽しんでくださいね。(modelpress編集部)[PR]提供元:不二ラテックス株式会社
モデルプレス

関連リンク

モデルプレス - 男性も興奮!エッチが上手い女子が知っている隠しテク5つ
今読んだ記事

男性も興奮!エッチが上手い女子が知っている隠しテク5つ

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ラブ」カテゴリーの最新記事