過激な性生活日記「暇な女子大生」が話題沸騰 「電車男」の再来か?素顔に迫る独占インタビュー

【暇な女子大生/モデルプレス】高学歴エリート男性とのセックスライフを綴った「ちんぽの食べ○グ」をTwitterで発信し、昨年12月にアカウントを開設してから、わずか3ヵ月で約13万人にのぼるフォロワーを獲得した「暇な女子大生」(@bored_jd)が話題を呼んでいる。コンセプトは「若いまんこで経済を回せ」…。モデルプレスは、彼女にインタビュー取材を行い、気になる彼女の素顔に迫った。
“暇な女子大生”の素顔に迫るインタビュー(写真はイメージです)/photo by GIRLY DROP
“暇な女子大生”の素顔に迫るインタビュー(写真はイメージです)/photo by GIRLY DROP

「暇な女子大生」って何者?

自称、慶應義塾大学4年の女子大生だという彼女は、自分自身を「膣ドカタ」(膣をフルに使い肉体労働するかのようにセックスに励む女性)と表現し、マッチングアプリで出会った高学歴エリート男性とのセックスを記録する「ちんぽの食べ○グ」をTwitterで発信している。

以前話題を呼んだ「暇な女子大生」という人気ブロガーがいたが、今回紹介する「暇な女子大生」(@bored_jd)とは完全に別人。似たようなアカウントも多数存在するが、間違えないように要注意!


目次

  1. 1. 「暇な女子大生」って何者?
  2. 2. 「セックス=優勝」「膣キュン」独特なワードセンスが光る
  3. 3. 今日から使える!?暇な女子大生用語集
  4. 4. リアルな性生活を綴ろうと思ったきっかけとは
  5. 5. お金じゃない!顔面のハードルも低め
  6. 6. 東大生のイメージを変えたいという想いも
  7. 7. 彼女の日中の姿とは?自分磨きは怠らない
  8. 8. 「暇な女子大生」の素顔に迫る!本人コメントを入手!!
  9. 9. Q1.「セックス」=「優勝」と表現されておりますが、その二文字にはどのような意味を込めていますか?
  10. 10. Q2.AVを見て研究しているという記述がありましたが、どんなテクを研究されていますか?また、AV研究以外で日々努力していることは?
  11. 11. Q3.狙った男性を百発百中で“優勝”に持ち込むテクニックはありますか?
  12. 12. Q4.「暇な女子大生」さんのように自由に生きたくても生きられない女性たちに向けて、自分の殻を打ち破る方法を教えてください。
  13. 13. 「電車男」の再来? ネット上の反応は?

「セックス=優勝」「膣キュン」独特なワードセンスが光る

投稿では、セックスに至るまでの経緯やプレイ内容まで詳しく綴られており、「セックス」=「優勝」、「興奮する」=「膣キュンする」など、独特なワードセンスでも注目を集めている。

とある日の投稿では、「東大卒と焼肉→ホテル。ドSプレイにドMの私は終始チツピク。挿入前『誰の何が欲しいの?』という茶番開始。エリートのちんぽと言いそうになったが咄嗟の判断で『○○さんのおちんちん』と可愛い返答に成功。『仕方ないなぁ』と挿入される。巨根で気持ちいい!ドS東大ちんぽに奥まで突かれ優勝した」といった具合だ。

今日から使える!?暇な女子大生用語集

「ちんぽの食べ○グ」…セックスの記録
「膣ドカタ」…膣をフルに使い肉体労働するかのようにセックスに励む女性
「優勝」…エリート男性とセックスすること
「エリートちんぽ」…エリート男性
「膣キュン」…興奮して子宮が疼くこと。男性の場合は「竿キュン」という
「チツピク」…興奮して膣が反応すること
「大洪水」…異常に興奮し、アソコが濡れまくること
「サバンナ」…興ざめし、アソコが乾いてしまうこと
「休マン日」…セックスをお休みする日
「チツ充」…性生活が充実している男性
「チツモク」…セックス目的の男性。ヤリモクと同意義
「チングダ」…ちんぽが勃たなくなるさま

リアルな性生活を綴ろうと思ったきっかけとは

ところで、彼女はなぜこのような活動を始めたのだろうか?それは自分がセックスした女性のスペックや感想などを綴ったナンパ師のTwitterアカウント(「暇な女子大生」曰く「まんこの食べ○グ」)の存在を聞いた事がきっかけ。「私も『ちんぽの食べ○グ』をやりたい!」と思ったことが始まりだという。

ここまでくると、誰にでも股を開く淫乱な女という印象を抱くだろうが、彼女は決してどんな相手とでもセックスをするわけではない。彼女は、高学歴なエリート男性としか「優勝」しないというポリシーを持っているのだ。

彼女が言うエリートの基準は、「東京大学・京都大学・一橋大学・東京工業大学・慶應義塾大学・早稲田大学・医学部医学科の学生および出身者」。しっかり線引きしており、大学院だけ東大や一橋大に進学したという、いわゆる「学歴ロンダリング」は対象外なのだとか。


お金じゃない!顔面のハードルも低め

このように、彼女が重視するのは経済力ではなく学歴。エリート好きといえども、金銭目的ではないという点は実に興味深い。たとえ、年収2千万円以上稼ぐ社長であったとしても、彼女がエリートとする大学出身者でない限りは性的対象外。成り上がりタイプには一切興味を示さない。また、ただイケメンという男性への興味も薄く、むしろ顔面のハードルは低い。


そんな彼女がここまでエリートにこだわり続ける理由は、難関大学を合格するために積み重ねてきた努力に「膣キュン」しているから。また、彼女自身が東大受験に失敗し、慶応に進学していることも影響している。「落ちたからこそ東大の人にすごく興奮する」と投稿で語っている通り、自分自身が果たせなかった事を成し遂げた男性に、尊敬や性的魅力を感じているよう。

また性生活をあけすけに語る彼女に対し、TwitterのDMを通して性的な誘いを申し込む男性が後を絶たないという。しかし、「暇な女子大生」はそんな男性を、「『健全な関係からお酒が入り徐々に性的な関係になりちんぽで優勝』というシチュエーションに膣キュンする性癖であり、既に淫乱まんことバレているTwitter経由ではまんこ完全閉鎖しています」と一蹴している。


東大生のイメージを変えたいという想いも

とある日の投稿では、「たまに『東大生は頭が良すぎて変な人しかいない』と未だに言う人がいるが、おそらく偏見だけで語ってる東大ちんぽの知り合いがいないor少ない人。多くの東大生は頭がよく話していて楽しい性欲強めの最高ちんぽ」と語るように、東大生の悪いイメージを払拭したいという想いも垣間見える。


彼女の日中の姿とは?自分磨きは怠らない

日中は友人とランチに出掛けたり、進学塾でバイトをしたりと等身大の女子大生な一面を覗かせる彼女。しかし、夜になると、ほぼ毎日と言って良いほどエリート男性たちとのアポに大忙し。

彼らのおごりで高級焼肉や寿司といった豪華な食生活を送っている彼女だが、昼はサラダだけに留め、週3回はジム通い、あとはセックスでカロリーを消費し、スタイルをキープ。

このほかにも、男性ウケするファッションやネイルを心がけ、プチ整形をしていることも公言するなど、美意識の高さが随所に感じられる。


「暇な女子大生」の素顔に迫る!本人コメントを入手!!

“暇な女子大生”の素顔に迫るインタビュー(写真はイメージです)/photo by GIRLY DROP
“暇な女子大生”の素顔に迫るインタビュー(写真はイメージです)/photo by GIRLY DROP
今回モデルプレスでは「暇な女子大生」へのインタビュー取材を敢行!気になる彼女の素顔に迫るべく、過去の投稿では語られていなかった4つの質問を投げかけると、すぐさま丁寧に回答してくれた。

Q1.「セックス」=「優勝」と表現されておりますが、その二文字にはどのような意味を込めていますか?

そこらへんのちんぽとは違い、エリートちんぽは同世代の上位数パーセントであり非常に希少性が高いです。

そのようなレアちんぽをまんこに挿れた時は「優勝」した時のような達成感を感じます。

Q2.AVを見て研究しているという記述がありましたが、どんなテクを研究されていますか?また、AV研究以外で日々努力していることは?

AVから得ているのは手コキ・フェラ・騎乗位のテクニックです。ですがエリート遅漏ちんぽに実験台になってもらい「これとこれはどっちが気持ちいいの?」などと聞き実践して学ぶことの方が多いです。

「共通の趣味がある」ことが最も初対面ちんぽとの距離を縮められると思っています。なので野球やサッカーや競馬を見たり、小説や英文学や哲学書を読み色んな分野について話せるようにして様々なエリートに対応できるようにしています。元々知的好奇心が強く、自分が興味ある範囲内のことでやっているので苦ではないです。

Q3.狙った男性を百発百中で“優勝”に持ち込むテクニックはありますか?

露骨にいやらしくはないが適度にボディラインが目立つ服を着て行き、相手の目を見て笑顔で話し、「◯◯さんは~」と積極的にちんぽの名前を呼ぶようにしています。

エリートの前で女性は馬鹿を装ってれば良いという話もよく聞きますが、エリートは馬鹿まんこよりもある程度教養があり話していて楽しいまんこを好むので「なにそれ知らない!さすが東大!すごーい」などと無知をさらけ出し過剰にエリートを持ち上げることはしません。

ですが正直若いまんこがあればただ笑顔で相槌を打ってるだけで簡単にちんぽにたどり着けると思います。

Q4.「暇な女子大生」さんのように自由に生きたくても生きられない女性たちに向けて、自分の殻を打ち破る方法を教えてください。

後々後悔しないように、今しか出来ないことは何か考え欲求に素直に生きるべきだと思います。

私は「若いまんこは存分に使え」というポリシーを持ち生きているので若さを失った時に後悔しないよう今は若いまんこを中心とした生活を送っています。


「電車男」の再来? ネット上の反応は?

ネット上では「ヤバすぎるんだけど、なぜか嫌いになれない…」「文章に知性とセンスを感じて膣キュン」「気付いたら最初の投稿まで遡ってしまうほど夢中になっていた」「すべてではないけど、女性として共感できる部分も多い!」「暇な女子大生に出会うために東大入ろうと思った」「正直理解ができない…」「暇な女子大生のせいで『優勝』って言葉が下ネタにしか聞こえない(笑)」などの声があがっている。

リアルな日記形式のつぶやきとユーザーからのコメントの応酬は、かつてネット発の小説として一世を風靡し、ドラマ・映画化した「電車男」を彷彿とさせる。人物像は「電車男」とは正反対だが、読者は毎日その成り行きが気になって、ついアカウントを見てしまうというのも当時の「電車男」と似ている。

彼女の活動には当然賛否両論があるようだが、その注目度はどんどん高まり、フォロワー数は今もなお増え続けている。どうにかしてその正体を特定しようとする者や、「暇な女子大生」を真似するアカウントも多く出現していて、一種の社会現象になっているともいえるだろう。

本能の赴くままにセックスを楽しむ女性が増えている昨今。「暇な女子大生」の考え方に共感を覚える女性もいることだろう。このような生き方を否定も肯定もできないが、多数の相手と性的関係を持つということは、多少なりとも病気や性犯罪に巻き込まれるというリスクは忘れてはならない。(modelpress編集部)

<追記>

彼女は、2017年4月から大学四年生に。サークル活動からは引退し、大学の単位はほぼ取得。就職活動は、第一志望の企業に内定済みということで、週休6日の生活が始まるという。しかし、今後も活動を続けていく意気込みを語っている。
モデルプレス
モデルプレス - 過激な性生活日記「暇な女子大生」が話題沸騰 「電車男」の再来か?素顔に迫る独占インタビュー
今読んだ記事

過激な性生活日記「暇な女子大生」が話題沸騰 「電車男」の再…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ラブ」カテゴリーの最新記事