エッチが上手になるための5つの法則

【モデルプレス】エッチが上手いという定義には、快感のためのテクニックだけではなく、精神的に満足させることもテクニックとして含まれています。大好きな彼とのエッチなら、彼に「エッチが上手い彼女」と思われたいですよね。今回はそんな女子の皆さんのために、「エッチが上達するための5つの法則」を探ってみました。
エッチが上手になるための5つの法則(Photo by apops/Fotolia)【モデルプレス】
エッチが上手になるための5つの法則(Photo by apops/Fotolia)【モデルプレス】

1.常にエッチ感度の高いセンサーを持つ



相手を喜ばせるためには、エッチに対する勘の良さが必要です。

それは、相手のちょっとした機微にも反応する感度の高いセンサーを持っていることが大切なのです。

なので「気持ちイイ?」と聞いて「うん」と言われて安心するなんてことはダメ。

細かな表情やカラダの動きなどで相手の“感じている度合い”を察知し、それが不十分であれば次の行動に移すのです。

一番手軽な方法として、彼の指を舐めることが挙げられます。

一本ずつ時間をかけて舐めるのがオススメ。特に指は感覚が敏感なため、見た目のエロさと感覚で彼をムラムラさせることができるでしょう。

2.決してエッチがマンネリ化しない



とりあえず前戯して、ピストン運動して、最後激しく動いて昇天。なんて“いつものエッチ”を繰り返さないことが上手なエッチの法則かもしれません。

男性ならば、前回は静かに押し倒して優しく脱がせたとしたら、次回は後ろから羽交い絞めにして服を着せたまま後ろから攻めるなどメリハリを持たせることで、女性を喜ばせることができます。

女性の方も、「今日は私に任せて」なんて言ってみては?騎乗位になってゆっくりと腰を動かしたり、挿入せずに彼を焦らしてみたりなど。

男性を喜ばせるテクニックをその日により変えて施すことで「いつの間にイヤらしくなったの」と喜ばれそうですね。

予測できないエッチが快感度を高めてくれるようですよ。

彼ともっと気持ちよくなりたい(Photo by Sumners)
彼ともっと気持ちよくなりたい(Photo by Sumners)

3.エッチに無駄な動きがない



いろいろと体位を変えてエッチする時に、やたら体勢をつくりなおす回数が多いのは上手なエッチにはNGかもしれません。

例えば、最初は正常位だったのに途中からバックに変えようとすると、一度挿入を外さないといけませんよね。

すると何となく気分がそがれることもあるようです。

まるで流れるように相手の動作に合わせて体位を変えていくことが必要なので、ある意味フィギアスケートのペア演技をするかのように2人の呼吸を合わせるのです。

そうすることで、無駄な動きが快感の邪魔をしないはずですよ。

4.エッチ中の手や唇の動きが優しい



人間の性器はとても繊細なので、強い刺激で傷めてしまう場合があります。

そのように強い刺激は、快感よりむしろ苦痛を伴うだけ。なので、唇や手の動き、または腰の動きなども、優しくあることが上手なエッチの法則です。

乱れていても紳士淑女でいることが大切ですよ。

いつもとは違うエッチの演出をしてみよう(Photo by neonshot/Fotolia)
いつもとは違うエッチの演出をしてみよう(Photo by neonshot/Fotolia)

5.相手を喜ばせるエッチの褒め言葉を連呼



女性ならば「すごくイイ」「すご過ぎてダメになりそう」、男性ならば「最高だったよ」「可愛いよ」というような、称賛の言葉を掛けるようにしましょう。

自尊心を満たすような言葉をかけることで、性器で感じる以外に精神面に大きく影響しエッチの質を上げてくれます。

なので、上手なエッチに、相手を喜ばせるパワーを持つ褒め言葉は必須なのです。

自分磨きも忘れずに(Photo by neonshot/Fotolia)
自分磨きも忘れずに(Photo by neonshot/Fotolia)
いかがでしたか?

今回はエッチ上手になるための5つの法則をご紹介しました。

上手なエッチを習得するには、もちろん数をこなすことも一つかもしれません。

しかし、一番大切なのは充実感に溢れたエッチをどれだけ経験したかにもよるかもしれませんね。

ぜひ参考にして相手に「セックスが上手過ぎてもう離したくない」と言われるようなテクニックを手に入れましょう。(modelpress編集部)
モデルプレス

Hot Word !人気のキーワード

セックス ラブ週間ランキング ラブコスメ

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel


TOP