PR for U

セックス中、男性に「おいしい…もっと舐めたい」と言わせる女性とは

【ラブコラム/モデルプレス=2月1日】大好きな彼とのラブタイム、どのくらい愛情を持って気持ちいい愛撫をしていますか?そして、愛撫されていますか?「彼をとことん気持ち良くさせてあげたい!」というのはもちろんですが、やっぱりそれ以上に、たっぷり時間をかけて愛されたいのも女心ですよね。男性の愛情は特にセックス中に如実に現れるもの。愛撫にかける時間や、女性のアソコを舐めて愛撫する“クンニ”をしてくれるかどうかでも、彼からの愛情の深さを測れますね。
セックス中、男性に「おいしい…もっと舐めたい」と言わせる女性とは(Photo by nd3000/Fotolia)
セックス中、男性に「おいしい…もっと舐めたい」と言わせる女性とは(Photo by nd3000/Fotolia)

男性はクンニ好き「好きな子のアソコを舐められるっていうだけで幸せ」



「もっと気持ち良くしてほしい」「時間をかけてたっぷり愛してほしい」と思っていても、「自分のアソコを舐めてほしい」とは、なかなか言えないですよね。

恥ずかしいし、変に思われるかもしれない。アソコのニオイも気になるし、もしかしたら嫌われることだって、ないとは言い切れません。それくらいデリケートな問題で一番大事な人だからこそ、ためらってしまうのが“クンニ”です。

ところがLCラブコスメが男性に「クンニは好きですか?」という質問を投げかけたところ、約86%が「好き」と回答。「どちらとも言えない」が約10%、「嫌い」と答えたのはわずか4%となったそうです。

詳しい理由を見てみると、「ただただ楽しい(笑)」「感じてくれるとすごく嬉しいし、やりがいがある」「反応が可愛い」「好きな子のアソコを舐められるっていうだけで幸せ」という意見が多数寄せられました。

一方「嫌い」「どちらとも言えない」と答えた人たちはというと、「むわっとしたニオイが気になる」「あまりの臭さに速攻で本番にいった」「クンニの味がいつまでも口の中に残る」という本音がチラリ。

別の調査によると「エッチの時に女性のニオイが気になることは?」という質問にYESと答えた男性は71.3%なんだとか。

やはりどんなに好きで大切な女性であったとしても、“アソコのニオイ”は男性にとって死活問題のようです。

どんなにクンニ好きな男性でも“ニオイ”だけは「勘弁!」



ほとんどの男性がクンニが好きだとしたら、もしあなたの大好きな彼が時間をかけてクンニしてくれないとしたら、「本気で好きではない」のか、「ニオイがキツくてしたくない」のどちらかの可能性が大きいということ。

どんなに洗って清潔に保ったとしても、バイ菌や細菌の発生しやすいアソコは、ムレなどによってニオイがこもりやすく、しっかりケアしていても危険地帯となることも。

アンダーヘアの長さや量、おりものなども関係して自分では気づきにくいニオイを発している可能性もあります。

セックス中、彼が本当に考えていることって?(Photo by nd3000/Fotolia)
セックス中、彼が本当に考えていることって?(Photo by nd3000/Fotolia)
女性のアソコは粘膜に覆われた部分ということもあり、安易に普通のアルカリ性の強いボディソープを使うと必要な菌や潤いまで取り除かれてしまい、ますます悪臭の原因に。さらに雑菌が入りやすくなるため、そのまま放っておくとニオイだけでなく黒ずみになるという危険性まで秘めているんです。

女性のアソコに「おいしい…」「もっと舐めたい!」という男性続出?



しかし、これにより重大なことがわかりました。そんな中でも「アソコがおいしいね」と男性に言われるような女性もいるというのです。この違いは、いったい何でしょうか?

実は、特別なデリケートゾーンのニオイケアを行うことで、自分本来の匂いを相手に感じさせ、男性に「もっと舐めたい!」と思わせているようです。

よく「体臭が好き」という男性もいますが、男性がフェロモンを感じる女性本来の匂い(体臭)と、単なる汗や蒸れた臭い(悪臭)はまったく違うようです。そのため「もっと舐めたい!」と思ってもらうには、ちゃんとケアして本来の匂いを引き出すことが大切です。

つまり、そこまで気を使っている女子力の高い女性たちのアソコは、男性から「おいしい…」「もっと舐めたい!」と言われているものなんです。

「甘くてめっちゃおいしかった」(のりちゃんさん/21歳/学生)



彼は以前から舐めてくれていましたが、その日はいつもよりとても長く舐めてくれ、とても感じました。次の日の朝彼に、「昨日ののりちゃん甘くてめっちゃおいしかった。いいにおいだったし、可愛かったよ」と言われ、照れましたがすごくうれしかったです。

とても感じてしまい、何度もしてしまいました(やまちゃまるさん/47歳/会社員)



最近彼に、エッチの時にたまに臭うと言われるのが気になっていました。そんな彼が先日会ったときには、おいしいと言ってくれて…。念入りにお手入れしている乳首やアソコを優しく愛撫してくれて、私もとても感じてしまい、何度もしてしまいました。

明らかに今までよりも長くしてくれて(あいらさん/27歳/主婦)



久しぶりの旦那とのイチャイチャだったのですが、明らかに今までよりも長くしてくれて、私もニオイをあまり気にしないで任せることができて、とても気持ち良くしてもらいました。「もっと舐めたい」って言ってくれました。

1回3分のお手軽ケアで「おいしい」アソコに



もしかしたら、これまでセックスの途中で彼がデリケートゾーンのニオイや味が気になってしまい、その時はいまいち盛り上がり切れなかったという場合も多いのでは?

そんな人にオススメなのが、彼女たちが愛用するデリケートゾーンのニオイ・黒ずみ汚れの元を手軽に対策できるLCラブコスメの自然派石鹸「LCジャムウ・ハーバルソープ」。通販のみの販売でシリーズの売り上げは213万個を突破しているほど人気なんです。

男性がクンニしたくなる“おいしい”アソコに「LCジャムウ・ハーバルソープ」
男性がクンニしたくなる“おいしい”アソコに「LCジャムウ・ハーバルソープ」

するとニオイの元がケアされさっぱり。一般の石鹸とは異なる手作り製法で、1つ1つ日本女性の肌質に合わせてインドネシア伝承の独自のハーブの植物エキスをギュッとつめ込んでいるため、「LCジャムウ・ハーバルソープ」はデリケートな部分でも安心して使えるのが嬉しいですね。

そのほかにも、アンダーヘアケアセット、オーラルセックスが美味しくなる食べられるローション、モテ膣を意識したデリケートゾーンの特別なパックなど、女性しか分からないお悩みの解決方法を、日本初の「セクシャルヘルスケア」専門店LCラブコスメでは提供していますよ。

女の子らしさに胸キュン!男性が離れられない女性に



彼に愛されすぎて困っちゃう…(Photo by nd3000/Fotolia)
彼に愛されすぎて困っちゃう…(Photo by nd3000/Fotolia)

せっかく彼がアソコを愛撫してくれようとしているのに、ニオイが心配で断ってしまったら彼を大きくガッカリさせてしまうかも。「俺に心を開いてくれていないんだ…」と仲までこじれてしまったら、後悔してもしきれないですよね。

そんなことになる前に、今日からデリケートゾーンのケアをしっかりしましょう。

そしていつお誘いがあっても「めちゃくちゃおいしい」「何これ!もっと舐めたい!」と言わせることができるように…。

女性が感じれば感じるほど、夢中で舐め続けてしまうのが男性。そんな心を開いて感じてくれて、おいしいアソコまで堪能できたら、彼はもうあなたなしではいられなくなりますよ。(modelpress編集部)[PR]提供元:LCラブコスメ
モデルプレス

Hot Word !人気のキーワード

セックス ラブコスメ

Photo Ranking画像ランキング

Love Listラブ一覧

YouTube Channel


TOP