「アソコに元気のない彼」を励ます方法6つ

この記事は18歳未満の方の閲覧を固くお断りします。18歳以上ですか? いいえ はい

【モデルプレス】こっちが受け入れ体勢なのに、彼が「あれ、勃たない…」と言い出したら、反応に困ってしまうもの。 ですが、女性が「エッチをしたくない」と思う日があるように、彼にも「エッチができない」という日があるのです。

そこで今回は、「アソコに元気のない彼」を励ます方法をリサーチ。6つの項目にまとめてみました。

1.「全身マッサージ」をする

「アソコに元気がないと分かったら、『いつもお疲れさま』と、肩を揉む。その後、背中や腰も揉みほぐすの。エッチのときと同じぐらい、彼が気持ちよさそうな顔をしてくれる」(27歳・美容師)

「男性は『エッチができない=気持ち良くなれない』と落ち込むみたい。でも、全身マッサージをしてあげれば、十分に満足させてあげることができる」(22歳・IT)

疲れが溜まっていると、アソコの元気がなくなります。彼に全身マッサージを施し、少しでも疲れを取ってあげましょう。

2.「触られるだけで満足」と言う

「彼はアソコに元気がないと、『ごめん。せっかくのお泊まりなのに』と謝ってくる。そんなときは、『触られるだけで満足』と言えば、彼が安心してくれる」(29歳・公務員)

「『彼女を気持ち良くできない』と、自信を喪失してしまう彼。『触られるだけで幸せだから、落ち込まないでね』と言えば、『そう言ってくれると嬉しい』と喜んでくれる」(24歳・アパレル)

「挿入することが全てではない」と、彼に教えてあげてください。きっと、納得してくれることでしょう。

3.「焼肉を食べに行こう」と誘う

「精力をつけるものといえば、スタミナ食品。特に、肉やニンニクを沢山食べられる焼肉店がオススメ。彼に『焼肉で元気出そう』と言えば、ノリノリになってくれる」(32歳・書店員)

「夕方のエッチが失敗したときは、『焼肉を食べれば、絶対に大丈夫』と、彼と夜ご飯を食べに行く。夜は間違いなく、エッチが成功する」(21歳・アルバイト)

焼肉デートをして、彼のアソコを復活させましょう。

4.「膝枕」をしてあげる

「『一生、アソコに元気が出ないかもしれない』と落ち込んでいる彼には、膝枕をしてあげるのがオススメ。ホッとしてもらえる」(26歳・ネイリスト)

「膝枕をすれば、彼が『まったり過ごす夜もいいね』と言ってくれる」(30歳・主婦)

母のような優しさで、彼を包んであげましょう。膝枕のついでに、耳かきをしてあげるのもいいかもしれませんね。

5.「最近の悩み」を聞いてあげる

「彼に『最近、仕事で何かあった?』と聞く。不安を取り除いてあげれば、アソコが本気モードになる」(23歳・大学院生)

「『悩みがあったら、遠慮なく話してほしい』と言うと、彼に色々な悩みがあることを知る。彼の心を元気にすることが大切」(28歳・飲食業)

悩み事があると、勃起不全に繋がります。まずは、彼の話を聞いてあげることから始めてみませんか?

6.「寝れば大丈夫だよ」と言う

「『俺、どうかしちゃったのかな?』と困っている彼に、『寝れば大丈夫だよ』と言ってあげる。そうすれば、安心してスヤスヤ眠ってくれる」(20歳・大学生)

「『朝起きたら、絶対に元気になるから。だから、今日は寝よう』と、優しく言ってあげれば、彼は爆睡してくれる」(25歳・エステティシャン)

どうやら、男性は「アソコの元気がない=男失格」と思ってしまうようです。しかし、人間は良いときもあれば悪いときもあるもの。「とにかく寝る」ということが大切なのです。

いかがでしたか?

「今日は無理そうだな」と感じたら、これらの項目を参考に、彼を励ましてください。きっと、次のエッチは最高のものになりますよ。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 「アソコに元気のない彼」を励ます方法6つ
今読んだ記事

「アソコに元気のない彼」を励ます方法6つ

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ラブ」カテゴリーの最新記事