女性が「気持ち良すぎる!」 秘密の感じる潤滑ローションとは?

この記事は18歳未満の方の閲覧を固くお断りします。18歳以上ですか? いいえ はい

「もっと感じたい」「彼と一緒に気持ちよくなりたい」「感じさせてほしい」とカラダが求めているのに、なぜか「濡れにくい」「途中で乾いてしまう」という、もどかしい気持ちになった経験はありませんか?
女性が「気持ち良すぎる!」 秘密の感じる潤滑ローションとは?
女性が「気持ち良すぎる!」 秘密の感じる潤滑ローションとは?
大好きな彼なのに、誰よりも近くにいたいのに、カラダが思うようにならないこと…。そんなとき、潤滑ローションを使うことで、もっと女性自身が「気持ち良くなる」こと知っている人が実は少ないのです。

エルシーラブコスメティックの調査によると、「性交痛を感じたことのある」女性は、83%にも及ぶそう。そして、その大半の女性が痛くても「恋人には言いにくい」「我慢してしまう」「雰囲気を壊したくない」といいます。「よっぽど痛い時には言う」という人も、「気持ちよくさせようと頑張ってくれている彼を思うと言えない」というのが本音のよう。大好きな彼とは、心から一緒に気持ち良くなりたいのに、カラダが上手く反応しないと、彼に「楽しんでない?」「俺のこと好きじゃないのかな…」と間違って伝わってしまう場合もあります。

心理的ストレスや1度苦痛があると、「また痛かったら…」という緊張から、セックスがまったく楽しくなくなってしまうことも少なくありません。素直に潤滑ローションを使えばいいのですが、「濡れないから使うのか…」と思われ、彼に言い出しにくいのが現実です。

潤滑ローションで気持ち良くなるセックスの極意

女性として履き違えたくないのが、誰よりも気持ちよくしたいと思っているのが男性であること。潤滑ローションを一緒に使うことは、実は2人がもっと気持ち良くなることなのですが、それを言葉にしにくい2人の関係の方が寂しいですね。しかしそれには、言い方や態度が重要になります。

そこで実際に彼に「潤滑ローションで気持ち良くなりたい」と伝えることに成功し、見事性交痛を解消した女性の声を集めてみました。

こんなにも気持ち良いものなんだなって(ろはさん/22歳/会社員)

ぬるん、というよりは本当にするん、と入った!って感じがしました。激しく動いても、乾きが気にならなくて…寧ろ滑りが良すぎて、私の方が緩くなったかもと焦った位。そして中がずっと濡れている状態は、こんなにも気持ち良いものなんだなって改めて思いました。彼も喜んでくれました。

気持ちよすぎて、よく覚えていません(ナミさん/28歳/デザイナー)

するっと入る…気持ちいい…あったかい…と、とにかく良かったです。気持ちよすぎて、よく覚えていません(恥)中がすっごくあったかくなります。

嬉しくて思わず泣いてしまい…(いっちゃんさん/20歳/学生)

私が痛くて断ったり、怖くて泣いてしまったり。なかなかできなかったんです。お互いに好きなのにも関わらず。だから最後までできなくて彼氏には申し訳ないし、ずっと一緒になりたかったんです。最後まで入った時、私は嬉しくて嬉しくて思わず泣いてしまい、彼も嬉しかったらしく、しばらくの間ずっと抱き合っていました。まだ少し痛かったのでゆっくりしか動けませんでしたが、久しぶりだからか私は何度もイってしまい、最後は2人同時にイくことができました。もう本当に幸せでした。

性交痛がなくなったのは?

もっとほしくなる…
もっとほしくなる…
彼女たちが彼に本心を伝え、その解決法として使用したのがLCのモイスチャージェル「ラブスライド」。女性が気持ち良さを感じる、中が「潤って」いて「滑る」ことに着目した新しい感覚の潤滑ローションです。

ポイントは、「潤い」と「滑り」。女性が性交痛を気にならない潤いの持続と、男性側も「トロけてしまう」「やばい」と思う独特の「滑り」を演出。ねっとりと絡みつくような「潤い」とスルスルっと滑り込む「滑り」を2人で一緒に感じ、今までにない満足感と快感を2人で経験できます。

「好きだからこそ、もっと2人で気持ち良くなりたい!」、それは男性も女性も同じです。潤滑ローション「ラブスライド」を使用した女性からは、「これが大好きな人と一緒に感じることなんだ…」という感動の声が、続々と寄せられているのだそう。カラダだけでなく心も満たされるセックスでお互い、最高に感じているのがわかった時、初めて、「この人しかいない」と思うのかもしれませんね。(モデルプレス)
モデルプレス

関連リンク

モデルプレス - 女性が「気持ち良すぎる!」 秘密の感じる潤滑ローションとは?
今読んだ記事

女性が「気持ち良すぎる!」 秘密の感じる潤滑ローションとは?

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ラブ」カテゴリーの最新記事