東京で夢見たすべての人たちへ。シド・マオが15年間でたどり着いた場所 #Lifeview

忘れもしない。2008年11月2日。 その日のわたしは、日本武道館の最上段にある立見席の柵に寄っかかり、愛しいロックスターの登場を心待ちにしていた。 チケット代は確か5000円ちょっと、地元から東京までの電車賃が往復4000円弱。今じゃポンと払えるような額も高校生だ…

関連記事