昭和40年代に今では考えられないパスタが流通していた話【イタリア料理の種をまいたイタリア好きの物語】#5

半世紀前までは、大半の人がイタリア料理を食べたことがなかった。イタリア料理も食文化もほとんど知られていなかった時代、西村暢夫というイタキチが「文流」を起業し、「リストランテ文流」を開業したことでイタリア料理が広まっていった。この連載ではそこで西村氏がはたした役割をひも…

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連記事