仕事帰りは『大番』へ、割烹並みの素材と居酒屋価格、デイリー使いも可能な懐に優しい大衆酒場の理想形

幸食のすゝめ#085、半分の中落ちには幸いが住む、生麦。「ビールちょうだい!」、「ラガーと、一番、クラシックラガー、どれがいい?」、すかさず店から突っ込みが入る。ラガーは「キリンラガー」、一番は「一番搾り」のことだろう。1つの店で、普通のラガーとクラシ…

関連記事