おなかにも懐にも優しい庶民の豚料理を極めた「町の定食屋さん」で出会う、至福のとんかつ

幸食のすゝめ#078、食堂の豚には幸いが住む、蒲田「私、まる特!定食のお味噌汁をとん汁にしてください」3人連れの若い女性の1人が、とん汁を追加オーダーしたとたんに、「私も、とん汁で!」と次々に横から声がかかる。ここのとん汁は単品300円だが、定食なら+100円…

関連記事