三冷ホッピーと古典酒場の定義を作り上げた店、さようなら昭和という時代を体現した女将

幸食のすゝめ#056、注がれる平和には幸いが住む、木場「息子さん、いくつになった?えっ、17歳、じゃあワタシと3つ違いだ、ハハハ」。眞寿美さんは永遠の20歳だった、そして、いつも200歳まで店に立つと言い放っていた。だから、眞寿美さんがいないカウンターに座っ…

関連記事