「ヤグる」「KS」 ブレイク寸前“新ギャル語”トップ3を発表

常に進化するギャル語に注目/Photo by Stéfan
「小悪魔ageha」8月号(インフォレスト、2013年7月1日発売)表紙:八鍬里美
雑誌「小悪魔ageha」8月号にて、age嬢が考案した“新ギャル語”ベスト10が発表された。 「あげぽよ」「おかわ」「かまちょ」など、日々新しい言葉を生み出して独特の会話を楽しむギャルたち。怒りを表す「おこ」は「まじおこ」「激おこぷんぷん丸」「ムカ着火ファイヤー」といった“怒りの6段活用”がTwitterで拡散されるなど、今やその影響力はギャルの間だけに留まらない。

誌面では流行中のギャル語を振り返ると共に、現在使われつつある言葉、これから使えそうな言葉をage嬢がランキング化。時代を映し出す10の新ギャル語が出揃った。

ここではベスト3を紹介する。

3位:ヤグる

浮気現場を彼氏に目撃されること。逆に浮気現場を目撃した場合は「ヤグられた」。実用例は「聞いてよ!彼氏にヤグられたんだけど!」など。

2位:やばば

「ヤバイ」に「かわいさ」と「適当さ」をミックスさせた新語。「やばばば」「やばばばばば」など、「ば」の数でヤバさの度合いが増える。

1位:KS

通話・メールアプリ「LINE」において「既読になっているにも関わらず、一向に返信がない」状況=“既読スルー”の頭文字。実用例は「ヤバイ!KSしてた!すぐ返事しなきゃ」など。

このほか「トッポギ」(突発的に六本木へ行くこと)、「ザイる」(EXILEっぽいメンズやその集団)などがトップ10にランクイン。この中から「あげぽよ」や「おこ」のような大ヒットワードが生まれるかどうか注目だ。(モデルプレス)

情報提供:「小悪魔ageha」(インフォレスト)
モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

Gal Listギャル一覧

YouTube Channel


TOP