海には行く…けど水着は着ない。そんなときの正解コーデを教えます!

記事提供:lamire〈ラミレ〉

夏といえば海!海といえば水着…とは限りません。海には行くけど水着は着ない、という人も中にはいるのではないでしょうか?とは言ったものの、実際海に行くときの服装って難しいかも。この記事ではそんな大人女子のためにビーチコーデの正解を教えます!

海には入らない…けどビーチには行く!そんなときの正解コーデって?

https://wear.jp/fujisakayuka/12806069/
出典: WEAR
洋服とはいえせっかくの夏の思い出作り、できることなら水着に負けないくらいのお目立ちコーデでビーチに繰り出したいですよね。ここでは大人女子の願いを叶えたコーデポイントを4つ紹介するので、ぜひ参考にしてみて。

 

 

 

繋がってる系がダントツ楽チン

一枚で完成する”繋がってる系”アイテムは、動きやすさも重視したいビーチシーンではかなりおすすめ!夏らしい鮮やかな色やトレンド小物を上手に取り入れれば水着に負けないビーチコーデが完成しますよ。

 

 

きれい色ワンピースで海映え確実

https://wear.jp/coordinate/?color_group_id=13&search_word=%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%B9
出典: WEAR

情熱的なオレンジがまるで太陽のようなワンピース。すっきりとした上半身に対比するように広がったスカートが完璧なメリハリを生み出しています。ビーチのような広大な場所なら、思いっきりシルエットが楽しめるワンピースがおすすめです。トレンドを意識したクリアバッグで抜け感を出せばオレンジ色にも抜け感が出ますよ。

 

https://wear.jp/ishidamei/12434977/
出典: WEAR

砂浜に映えそうなエメラルドグリーンのワンピースは、ウエストを飾るリボンで特別感がさらにUP!控えめに開かれたネック周りやスカートの丈感も含め、全体的に落ち着いたデザインならサンダルやパンプスはもちろん、スニーカーなどのカジュアルアイテムと合わせてもこなれた着こなしになりますよ。

 

 

ゆるオールインワンで大人っぽく

https://wear.jp/amamus777/12711253/
出典: WEAR
さりげないチェック柄がトラッドな雰囲気のオールインワンにTシャツをレイヤードした旬なスタイルは、クリーンかつ優しげなホワイト×ベージュならビーチでも涼しげなオーラを纏うことができます。普段と印象を変えたければ、ちょこっとレディな麦わら帽子がおすすめです。

 

https://wear.jp/19690129tj/12814654/
出典: WEAR

ビーチが想像できない都会的なグレーも、アクティブなスポサンとツウなマクラメ編みバッグを組み合わせればたちまち爽やかな海コーデに。あえてモノトーンでまとめることで、他の人はちょっと違う洗練さが加わります。

 

 

 

柄アイテムで水着に負けないフレッシュさをGET!

いつもよりも大胆な柄アイテムも気軽に取り入れられるのはビーチならでは。大人女子に似合う大胆な柄アイテムを見つけて、ここぞとばかりに着こなせば水着並みに目立っちゃうこと間違いなし♡

 

https://wear.jp/anap_onlineshop/7471122/
出典: WEAR
遊び心のある太めのストライプが目を引くシャツは、スキニーデニムで爽やかにまとめて大人っぽさを醸し出すべし!爽やかさを後押ししてくれるブルーとホワイトで完成させれば、清涼感のあるクールなスタイルになりますよ。

 

https://wear.jp/item/29686249/
出典: WEAR

ホワイトがベースのレトロなドット柄はブラックのVネックTで大人っぽさを加速させて!普段ならTシャツ&スカートで終わるところをデニムレイヤードでひとクセつけてあげれば、こなれ度がグッと上がってビーチに映える爽やかな装いに。目立ちすぎるのは嫌だけど普段とは変えたい!という人にもおすすめです。

 

 

 

海には程よい肌見せアイテムが似合う♡

ビーチの開放的な雰囲気に乗っかって、洋服派さんも肌見せでさりげなく夏を満喫して!大胆ではないけれど確実に肌が眩しく光る、そんな肌見せコーデをご紹介。

 

https://wear.jp/ass03/10646989/
出典: WEAR
手っ取り早く肌見せを満喫するなら、タンクトップやキャミソールがマストアイテム!キャップにビーサンというカジュアルな組み合わせでも、ボトムスにさりげなくスリットが入っていれば女性らしさも取り入れてくれます。

 

https://wear.jp/misato36/12633166/
出典: WEAR

シンプルなワンツーコーデも、ニット素材のキャミソールならさらっと一枚で着てもなんだか印象的。深めに開かれたネックラインや惜しげも無くさらされた肌が水着ばりに眩しい!すっきりしたデコルテは顔まわりがさみしくなりがちなので、大きめのイヤリングやピアスで華やかに仕上げてあげるとGOOD。

 

https://wear.jp/ioriori/12644726/
出典: WEAR

とことんさりげなさを重視したスタイルは背中が開いたトップスで叶います。フロントはベーシック、だけど後ろ姿は大胆!というギャップにドキッとしてしまう人が続出すること間違いなし。ビーチのラフさに合わせて、ボトムスはチノパンなどのカジュアル要素強めなアイテムにすればアウトドアな雰囲気にも馴染みやすいですよ。

 

 

 

ちょいエスニックでいつもと違う雰囲気を取り入れて

デイリーコーデに取り入れるにはちょこっと勇気のいるエスニックテイストのアイテムこそ、非日常的なビーチでチャレンジしてみて。一度着てしまえばそのおしゃれさに虜になること間違いなし!な、こなれアイテムが多いんです。

 

https://wear.jp/misato36/10507151/
出典: WEAR
大人色のエスニック柄パンツはゆとりのあるシルエットでビーチにぴったりなアイテム。トップスにシックなブラックを持ってくれば、締りのある仕上がりで魅力が倍増!選ぶのも着るのも楽ちんなのにどこか凝った印象で一瞬で「おしゃれな人」になれます。

 

https://wear.jp/tanatana0128/12767874/
出典: WEAR

大胆な総柄ワンピースで瞬く間に注目度が上がりそうなワンピースはクリアバッグやビーチサンダルなど、とことんシンプルで簡単なデザインの小物をチョイス。テイスト違いのアイテムで抜け感を与えてあげれば簡単にバランスが整うんです。色もベーシックなブラックで統一してあげれば、ビーチでも浮かないエスニックコーデの出来上がり!

 

https://wear.jp/unrelish/10000348/
出典: WEAR

派手めな柄で「一枚で着るのはちょっと…」なときはガウンとして取り入れるのが正解です。なんてことない装いでも、個性的なエスニック柄が入るだけで特別感のある見た目になりますよ。キャッチーなメタリックシルバーのアイテムを合わせれば、華やかなビーチでも地味見えしません♪

 

 

 

水着ばりに目立つアイテムで作るのが正解!

ブラウンワンピースを着た女性
出典: WEAR

大人女子のためのビーチコーデ、いかがでしたか?自分に合いそうな着こなしを見つけておしゃれに過ごしてくださいね。



【Not Sponsored 記事】
lamire〈ラミレ〉
モデルプレス - 海には行く…けど水着は着ない。そんなときの正解コーデを教えます!
今読んだ記事

海には行く…けど水着は着ない。そんなときの正解コーデを教えま…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ファッション」カテゴリーの最新記事