“エロ妄想”が大事!?メンズがグッとくる夏デート服とは

「egg」9月号(大洋図書、2012年8月1日発売)表紙:ねもやよ、ぐぐ
「egg」9月号(大洋図書、2012年8月1日発売)表紙:ねもやよ、ぐぐ
セクシーな夏デート服を披露した大橋リナ
セクシーな夏デート服を披露した大橋リナ
女性誌レビュー/8月1日発売の雑誌「egg」9月号の特集は、「ギャルの勝負服、メンズのハートに刺さるのはどっちよ!?」。イケメンモデルが様々なエロ妄想を抱きながら、おしゃれに定評のあるリホ・ケイト大橋リナの勝負私服を判定している。 彼のハートを掴むべく気合いを入れても毎回反応がイマイチ…と、デート服コーデに頭を悩ませる女の子は多いはず。どうやらその原因はファッションセンスではなく、彼が“エロ妄想”を抱けるか否かにあるよう。次のデートに備えて、メンズのエロ妄想のツボを押さえておく必要がありそうだ。

ゆかたvsマキシワンピ

スタイルアップ抜群の白地×花柄のハイウエストマキシワンピのリホに対し、リナは黒地×ピンクのしっとり夏浴衣をチョイス。

マキシワンピには「脚の形が見えないから萎える」、「フワッとしたデザインより、ピタっとしたのがいい」など不満気味のメンズたちだが、浴衣は「くずれた時の鎖骨とうなじが洋服にはないエロス」「季節限定なのもアガる」と大好評。

着るだけで美人度が増す浴衣だが脱げすぎてると逆にエロくないため、あくまでも清楚に着こなすのがポイントのようだ。

背中ガッチリ開きvsサイドガッチリ開き

今年ブームの大胆背中見せと、ウエストまでチラ見えするサイド開き。今年大量ゲットしたというボディコンシャスな背中開きワンピで攻めのセクシーをアピールしたリナだが「ボディコンは強すぎるから観賞用で十分」、「お高い感じがニガテ」と意外にも不評。

一方、リホのサイド開きは「カジュアルなのにさりげなくエロいのがいい♪」「ワキをコショコショして遊びたい!」など親しみやすい露出で票を集め、見事メンズたちのハートをゲットしていた。

そのほか誌面では「ベアワンピvsオールインワン」、「スケヒラコーデvsピタピタコーデ」の熱き戦いも掲載されており、ファンションにおいての女目線と男目線の違いを学べる内容が満載だ。(モデルプレス)

情報提供:「egg」(大洋図書)

【Not Sponsored 記事】

iOS/Androidアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - “エロ妄想”が大事!?メンズがグッとくる夏デート服とは
今読んだ記事

“エロ妄想”が大事!?メンズがグッとくる夏デート服とは

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ファッション」カテゴリーの最新記事