「ジョンブル」メンズ21~22年秋冬 機能や素材感を重視

2021.05.28 11:00
0
0
提供:繊研plus

ジョンブルは「ジョンブル」メンズ21~22年秋冬物で、機能性と素材感を重視したアウターやパンツを打ち出す。アウターとのコーディネートアイテムとして、オーバーオールも積極提案する。

アウターは軽くて透湿防水性に優れた「テクノブレン」を使った3層構造のステンカラーコート(本体4万9000円)やシェルパーカ(3万9000円)がある。黒、ブルー、ダークカーキなど5色。別で販売する「ポーラテック」フリースのノーカラーカーディガン(1万3000円)やベストと組み合わせることもできる。このほか、「コーデュラデニム」を採用したタイロッケンコート(3万4000円)もある。

アウターとの組み合わせには、パンツだけでなく、オーバーオールも含めて差別化する。ステンカラーコートには、コーデュラデニムのオーバーオール(2万8000円)を提案。タイロッケンコートとは、「コーデュラナイロン」のバックサテンのオーバーオール(同)を推す。

パンツでは「アウトラスト」を使ったサルエルイージーパンツがある。尾州で織ったポリエステル・レーヨンのツーウェーストレッチのサージを使っていて、加工もしてバルキーでソフトな素材感が特徴になる。ネイビーと黒、モカブラウンの3色があり、1万6000円。

ステンカラーコートと「コーデュラデニム」のオーバーオール
タイロッケンコートとオーバーオール

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連リンク

関連記事

  1. 繊研plus
  2. 繊研plus
  3. 繊研plus
  4. 繊研plus
  5. 繊研plus
  6. 繊研plus
  7. SBC メディカルグループ

「ファッションニュース」カテゴリーの最新記事

  1. 繊研plus
  2. 繊研plus
  3. fashion trend news
  4. 繊研plus
  5. 繊研plus
  6. fashion trend news
  7. デイリースポーツ芸能
  8. 繊研plus