「バンヤードストーム」 ニーズに沿う企画で好調

記事提供:繊研plus

アダストリア子会社のエレメントルール(東京)が運営するレディスカジュアルブランド「バンヤードストーム」は、30~40代の女性のニーズに寄り添った服や雑貨の開発を強化している。この成果で今年はブランドデビュー以来最高の売り上げで推移し、ECでも大人の女性を取り込んでいる。

19年春夏は新カテゴリーや協業商品を発売し、さらに認知を広げる。

バンヤードストームは当初、ファッション雑誌との取り組みなどでママ層をはじめ大人の女性に人気となった。その後も出店で事業は拡大したものの15~17年の前半は伸び悩んだ。

そこで調査や店頭を通じてお客の声を集め、ブランドの良さを見直すことにした。「こうだったら良いな」と思ってもらえる商品を強化。羽織り物などニーズの多い商品を充実し、雑貨はきめ細かく対応できるようセレクト中心からオリジナルに切り替えた。かかとのジップで着脱しやすいスニーカーや、財布機能もあるウォレットショルダーバッグが女性に受けた。

さらなるニーズ開拓へ、19年春夏はカジュアルアイテムに加えて、ブランドの雰囲気を生かしたオケージョンや通勤対応の商品も企画。ジャケットと、セットアップのパンツ、スカートなど。人気のウエストリブのデニムパンツでは、スカートタイプも作った。認知や客層を広げるべく、EC中心に、新カテゴリーのゴルフウェアや「ピーチ・ジョン」と協業したルームウェアも発売する。

ECの売り上げはここ2年で倍増した。店舗とECの相互送客が進んでいるという。対象世代の女性は意外にスマートフォンでの買い物経験が少ないため、店頭で丁寧に説明することで会員を増やし顧客との関係を深めている。

来年以降は第2の成長フェーズととらえ、既存店改装や新規出店を検討する。



【Not Sponsored 記事】
繊研plus
モデルプレス - 「バンヤードストーム」 ニーズに沿う企画で好調
今読んだ記事

「バンヤードストーム」 ニーズに沿う企画で好調

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ファッションニュース」カテゴリーの最新記事