「テン」21年春夏 淡い色と布の動きで日常を彩る

ファッションディレクターの萩原輝美が手掛ける「テン」の21年春夏は、日常を彩る心地良い服が揃う。「コロナを意識しない日はないですが、日常をうふふと楽しめるように」と、きれいな色や布の動きを重視した。柔らかい布が描くドレープや薄布の軽やかなライン。淡い…

関連記事