「ディウカ」19年秋冬 パターンで生まれる表情に向き合う

レディスブランド「ディウカ」は19年秋冬、クリエイションの原点を見つめ直した。得意の立体裁断を生かしながら、線と線を縫い合わせることで生まれる空間や表情を意識したという。 デザイナーの田中崇順は「パターンを引くときに線の癖があり、それと向き合った。意…

関連記事