19~20年秋冬パリ・メンズコレクション コムデギャルソン・オム・プリュス

【パリ=小笠原拓郎】薄暗い会場に轟音(ごうおん)の生演奏が響く中、登場するのはゴシックメイクのモデルたち。コムデギャルソン・オム・プリュスは、前シーズンの新しいスーツの提案から一歩進んで、テーラーリングの未来を表現した。 ゴシックメイクのモデルが着…

関連記事