《FB用語解説》トップライン 損益計算書の一番上の項目

損益計算書の一番上の項目、すなわち売上高や営業収益を指す。「トップラインが厳しい」などと使われる。この間、流通大手が決算会見で業績を説明する場面などでトップラインの厳しさが聞かれたが、衣料品の取材の場などでもよく使われる。ちなみに損益計算書の一番下…

関連記事