お風呂で汗がドバドバ出ちゃう!「333入浴法」って知ってる?

【お風呂・ダイエット/モデルプレス=2月9日】お風呂はダイエットで痩せ効果を発揮するのに需要な時間、そのため、多くのダイエッターは湯船に浸かってじっくりと体を温めていますよね。しかし、お湯に浸かっても時間が経つと体が冷えてしまうという人は多くいることでしょう。そんな人におすすめなのが「333入浴法」。短時間でも汗がドバドバ出てダイエットに効果をもたらしてくれますよ。そこで今回は「333入浴法」のやり方と効果をご紹介します。
お風呂で汗がドバドバ出ちゃう!「333入浴法」って知ってる?(Photo by armina/Fotolia)
お風呂で汗がドバドバ出ちゃう!「333入浴法」って知ってる?(Photo by armina/Fotolia)

「333入浴法」のやり方



333入浴法のやり方は簡単。まず41~42度程度の熱めのお風呂に3分間浸かります。この時のポイントは首までじっくり浸かるようにすること。肩まで浸かることで、体が温まりやすくなりますよ。

3分経過したら湯船から上がり、3分ほど休憩しましょう。休憩中は髪や体を洗う時間に当てると効率よいですね。

そして3分経過したら再び湯船に浸かるようにします。この動きを3セット行うことで体が芯から温まりやすくなりダイエットに効果をもたらしてくれます。

なぜ効果が出るの?



333入浴法を行うと、多くの人が体の芯からあたたまることができるのだとか。その秘密は水圧に関係があるのだそう。

熱めのお湯に浸かることで、水圧が体にかかります。体に負荷をかけることができ、カロリー消費に効果をもたらしてくれますよ。

さらに、お風呂から上がると、水圧から開放されるため、血流促進に効果をもたらしてくれます。

入浴前と後には常温の水を飲もう



お風呂に入る前準備も大切(Photo by javi_indy)
お風呂に入る前準備も大切(Photo by javi_indy)
お風呂でデトックスをする際に必要なのが水分補給。お風呂で汗をかく分、水分を摂っていかないと、うまく老廃物が排出されないだけでなく、体調にも悪影響を及ぼしてしまいます。

入浴前と入浴後は必ず水分を補給していくようにしていきましょう。

この時に需要なのが、冷たいものはとらないようにすること。汗をかくと冷たいものが飲みたくなりますが、せっかく温めた体を冷やしてしてしまいます。

入浴前と後、それぞれ常温の水でゆっくり水分補給を行うようにしてくださいね。

寝る直前はNG



寝る直前は副交感神経が働き、体がリラックスしている状態。しかし、お風呂に入ってしまうと、交感神経が働いてしまい、熟睡できないという状態を引き起こしてしまいます。

そのため、寝る直前にお風呂に入るときは、38~40度程度の少しぬるめのお湯でじっくり浸かるのがおすすめです。

333入浴法を実践するときは、寝る2時間前までには済ませるようにしましょう。

マッサージをして効果アップ



お風呂にじっくり浸かるのも効果的ですが、入浴中はマッサージをするとさらに効果を表すことができますよ。

お湯に浸かっているときは、足首を回したり、足指や膝周りを揉みながらマッサージしたりすることで、老廃物を流しやすくすることができます。

お風呂でキレイになっちゃおう(Photo by armina/Fotolia)
お風呂でキレイになっちゃおう(Photo by armina/Fotolia)
いかがでしたか?

今回は333入浴法の効果とやり方をご紹介しました。

ダイエットに効果のある入浴法でヤセ体質を作っていきましょう。

ぜひ参考にして、333入浴法を実践してみてくださいね。(modelpress編集部)
モデルプレス

Hot Word !人気のキーワード

ウエスト ぺこ ヒップ 二の腕 美脚 生理

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel


TOP