寝ながらでもダイエットできちゃう!キュッと上向きヒップの作り方

【ダイエット/モデルプレス=2月7日】どんなにダイエットを頑張っても、下半身は痩せにくい部分。特にヒップはなかなかメイキングすることができません。しかもヒップは特にお肉がつきやすく、知らないうちにどんどん大きくなってしまいます。でも、激しいダイエットはしたくない…というあなたに、今回は寝ながらでもできる下半身痩せ方法をご紹介します。
寝ながらでもダイエットできちゃう!キュッと上向きヒップの作り方(Photo by Syda Productions)
寝ながらでもダイエットできちゃう!キュッと上向きヒップの作り方(Photo by Syda Productions)

下半身だけブリッジポーズ



ブリッジはヒップ全体の筋肉を鍛えるだけでなく、体幹を鍛えることもできますよ。仰向けに寝たら脚をこぶし1個分ほど開け、足の裏と腕全体はしっかり床につけるようにします。

次に膝の間が動かないように、しっかりキープしながら腰を持ち上げるようにしましょう。

この時、腰を頂点にしてカーブを作るのではなく、持ち上がった下半身と上半身が一直線上になるようにするのがポイント。15秒程で筋肉がプルプルと疲れが出てくるはずですよ。

女の子座り



女の子座りと聞くと、太りやすいイメージがありますが、実は股関節の筋肉を整えるのにピッタリの方法なんですよ。

まず、まっすぐに仰向けに寝ましょう。片脚ずつ膝から下の部分を開いていきます。この時、両膝の間が開かないようにするのがポイントです。10秒ずつキープすることで、ヒップと太もものシェイプアップに効果がありますよ。

もし、女の子座りができない場合は正座をして筋肉をストレッチしましょう。片脚だけ正座をし、もう片方は真っ直ぐ伸ばすようにします。

次に、じわじわと仰向けに寝ればOK。慣れてきたらひざ下をずらすようにして女の子座りをするようにしてくださいね。

しゃちほこのポーズ



リラックスしながらやろう(Photo by Yayimages)
リラックスしながらやろう(Photo by Yayimages)
しゃちほこのイメージで体を反らすことでヒップのシェイプアップだけでなく、肩こりの改善や基礎代謝のアップに効果的ですよ。

うつ伏せに寝たら膝を軽く曲げましょう。次に脚の付け根から真上に上げるようにしてくださいね。

この時、腕は床にしっかりくっつけること、そして顔は正面より少し上を向くイメージで行うことで、効率よく筋肉を鍛えることができます。

またストレッチが辛いと息が止まりがちになるので、呼吸は必ず意識するようにしましょう。

コンパスのポーズ



キュッとした上向きヒップ作りのためには股関節を柔軟にすることが大切ですよ。

柔軟に動かしていくことで、血液の流れを良くしむくみにくい体を作ることができます。仰向けに寝たら、脚の付け根から真上にまっすぐ上げるようにしましょう。次に股関節から円を描くように動かしていきます。

この時、脚を曲げずにまっすぐ動かすようにしていくのがおすすめです。

はさみのポーズ



最後にはさみをイメージしたポーズでクールダウンと、むくみ防止をするようにしましょう。仰向けに寝たら、脚の付け根から真上に真っ直ぐ上げるようにします。

次に脚の付け根から120度程真っ直ぐ横に開き、再び元の姿勢に戻ります。

この時かかと同士がくっつくように意識して動かしてくださいね。

このようにパカパカと脚を開くことで股関節を緩め、老廃物の排出を促し、むくみ防止に繋げることができますよ。

上向きヒップを作りたい(Photo by Syda Productions)
上向きヒップを作りたい(Photo by Syda Productions)
いかがでしたか?

今回は寝ながらできるヒップアップエクササイズをご紹介しました。

食事を制限したダイエットでは、美しいヒップを作るのは簡単ではありません。

エクササイズで筋肉を鍛えて、ヒップまわりの脂肪を燃やすことが大切ですよ。

ぜひ参考にして美ヒップタイムを取り入れてみてくださいね。(modelpress編集部)
モデルプレス

Hot Word !人気のキーワード

美脚 ライザップ ぺこ

Photo Ranking画像ランキング

Diet Listダイエット一覧

YouTube Channel


TOP