お尻と太ももの境目をはっきりさせる方法5つ

【モデルプレス】お尻と太ももの境目をあいまいにしている原因の一つに骨盤のゆがみやねじれがあります。
お尻と太ももの境目をはっきりさせる方法5つ(Photo by TitovStudio)【モデルプレス】
お尻と太ももの境目をはっきりさせる方法5つ(Photo by TitovStudio)【モデルプレス】
骨盤のゆがみやねじれを解消することで、筋肉が正しい位置になりバランスのとれた美脚を作ることができますよ。

さらに脚の筋肉は体のなかでも大きな部分。筋肉を刺激することで代謝を上げることができ全身痩せにも効果をもたらすことができますよ。

そこで今回は骨盤のゆがみやねじれを解消して美脚を作る方法をご紹介します。

飛び出した大転子をもどす

大転子というのは大腿骨の関節のことで、太ももとお尻の境目のところです。

ここにゆがみねじれのある人はお尻の幅よりも太もものほうが横に飛び出していますよ。これをもとの位置に戻していきましょう。

まず足を肩幅より広めに開いて立ちます。そして片方の飛び出している関節の位置に両手を重ねておいて押し込むように圧をかけます。

このとき骨盤はそれを押し戻すように反対の方向に力を入れるようにしましょう。

反動をつけないで10秒押さえるようにしてくださいね。

開脚運動で股関節を柔らかくする

股関節が固いとO脚に繋がり、骨盤のゆがみの原因になります。

股関節を柔軟にしてO脚を改善しましょう。

まず床に座り、足の裏を合わせます。両足が床について開くのを目標としながら、揺らしながらほぐしていきます。

手は両足裏をつかみ、両足が開いた状態でからだを前に倒します。

これらの動作を繰り返し行うことで、O脚が改善されるだけでなく、柔軟性が高まり、下半身太り解消の効果も得られます。

スクワットで筋肉を刺激する

形の良いヒップをつくろう(Photo by Yayimages)
形の良いヒップをつくろう(Photo by Yayimages)
太ももとお尻の境目をはっきりさせるために筋肉を作っていきましょう。

まず椅子の前に立ちます。このときお尻の筋肉を鍛えたいので足は肩幅程度に広げるのがポイントです。

ゆっくりと腰を下ろしていくことで太ももやお尻の筋肉を刺激していることをかんじることができますよ。

余裕がある場合は脚のつま先を内側に向け、内股でスクワットをやるのも効果的。

スクワットをやるときは前かがみにならず、真っ直ぐな状態をキープするようにしてくださいね。

ストレッチで筋肉を伸ばす

筋肉を使ったらそのままにせず、ストレッチをして老廃物を流しましょう。

まず、足をぶるぶると振ってめぐりをよくしてから行います。

立ったままで片方の太ももに反対側の足を乗せて軽くひざを曲げます。机とか椅子があれば軽く支えにするとやりやすいでしょう。

ひざに近いほどお尻から太ももにかけてのストレッチができます。今どこが伸びているか確かめながらゆっくりと行います。

リンパを流す

体の巡りが悪いと、むくみを引き起こしやすくしてしまいます。解消するために心臓から遠い位置からリンパを流しましょう。

つま先をぐるぐる回して指を一本ずつ引っ張り足の裏をもみます。足の甲を指のほうから足首へさすります。

くるぶしの内側の骨と筋肉の境目を親指でプッシュしながらひざに向けて移動し外側も同じようにプッシュします。

ひざの裏にリンパが集まっているので押し込むようにして、太ももは握りこぶしで少し強めにマッサージして鼠蹊部のリンパ節に流し込みましょう。

ほっそり太ももと上向きヒップを作ろう(Photo by George Mayer/Fotolia)
ほっそり太ももと上向きヒップを作ろう(Photo by George Mayer/Fotolia)
いかがでしたか?

簡単な動きやストレッチやマッサージなどを毎日続けてやることで、体は変わってきます。

ぜひ参考にしてほっそりボディを手に入れてくださいね。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - お尻と太ももの境目をはっきりさせる方法5つ
今読んだ記事

お尻と太ももの境目をはっきりさせる方法5つ

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ダイエット」カテゴリーの最新記事