世界をうっとりさせる日本人バレリーナ・落合リザが語る「綺麗なスタイルを保つために」 モデルプレスインタビュー

エジプトのカイロ国立オペラバレエ団でアジア人初の主役を演じるなど、今大注目の日本人バレリーナ・落合リザが、モデルプレスのインタビューに応じた。
落合リザ

日本人バレリーナ・落合リザとは?

4歳のときにバレエを始めた落合リザは、16歳で単身モナコ・プリンセス・グレース・クラシックバレエアカデミーに留学。その後、アメリカのジョフリーバレエスクール、ペリダンススクールを卒業した。

さらに18歳でカイロ国立バレエ団入団と同時にリザバレエスクールを開校。そして21歳のときに、カイロ国立オペラバレエ団でアジア人初の主役を踊るなど、現在世界から注目を集めている日本人バレリーナの一人だ。

― バレエを始めたきっかけを教えてください。

落合リザ:4歳のときに母親が、新聞のバレエ募集とピアノ募集を見せてきて「どっちをやる?」って聞かれました。それで「私、バレエをやりたい!」と言ったのがきっかけです。

― ではバレエを本格的に取り組み始めたのはいつ頃ですか?

落合リザ:10歳のときですね。引越しを機にバレエ教室を変えたら、同年代の子がものすごく上手に踊っていて…それを見て負けず嫌いの私の心に火がつきました。

― 負けず嫌いということですが、幼い頃はどのような子供でしたか?

落合リザ:いろいろなことに興味を持つ性格でしたね。ピアノや水泳など習い事もたくさんしていましたし、恐竜が大好きで考古学にも興味がありました。その頃からすでに漠然とエジプトに行ってみたいという気持ち、そして同時にいつか絶対に海外のバレエ団で勉強したいという気持ちも芽生えました。

エジプトでの生活について

― 16歳で世界に飛び出した落合さんですが、異国の地で友達を作るテクニックなどがあれば教えてください。

落合リザ:誘われたらどれだけ疲れていても、とりあえず付いて行くことですね。一度断ってしまうと、なかなか次誘われないし相手も誘いづらくなると思うから。最初のうちは、たとえ言葉がわからなくても「そうだね」って相槌打ってにっこりしていました(笑)。

― バレエ団には様々な国の方がいますが、日本人が付き合いやすい国などはありますか?

落合リザ:ドイツ人とスペイン人かな。ドイツの方は真面目なので日本人と馬が合うような気がします。スペインの方は性格が明るくて誰とでも仲良くなりたいという気持ちが強いので、日本人に関わらず仲良くしてくれると思いますね。

落合リザ
― エジプトの食事は口に合いますか?

落合リザ:私は食べることが大好きだから大丈夫ですね。日本では野菜が苦手でしたがエジプトは暑いからか野菜が美味しい。特にモロヘイヤ。モロヘイヤの葉っぱを細かく切ったものをニンニクと炒めて、それをコンソメの入ったお湯に入れてスープにしたものが本当に美味しいですよ。ヘルシーなのでダイエットにもいいですし、肌にもいいのでオススメです。

― 落合さんはエジプトでどのようなファッションでいることが多いですか?

落合リザ:肌を出してはいけない国なので、なるべく半袖は着ないですね。スカートは絶対に穿かないようにしています。外国人だからといって何をしてもいいわけではないと思うので、暑くても我慢していますね。

美について

―  とても綺麗なボディラインをお持ちですが、スタイルをキープする秘訣を教えてください。

落合リザ:体重管理が一番大切。朝必ず体重計に乗って前日よりも0.1kgでも増えていればその日の食べる量を調節します。それをすれば太りにくくなりますよ。増えていれば食べる量を減らしますし、増えていなければ好きなものを食べます。

あとは歩くことですね。ひと駅分歩くとか。

― 体重が増えると、やはりバレエにも影響しますか?

落合リザ:持ち上げる人は、0.1kgでも増えるとわかると言います。私も「昨日より0.3kg増えたでしょ?」って言われて、疑って体重計に乗ったらその通りだったということはよくあります。ごまかしがきかないんですよ(笑)。

― 美肌を保つために、日々実践しているテクニックなどはありますか?

落合リザ:普段は化粧しないことかな。海外の女の子はほとんどメイクしないですし、ファンデーションを絶対に塗らないんですよ。彼女たちは「だって肌呼吸できないじゃん」って言っています(笑)。でも日焼け止めは毎日塗っていますよ。

恋愛について

― 好きな男性のタイプを教えてください。

落合リザ
落合リザ:顔の濃い人かな。でもストライクゾーンは広いって言われます(笑)。性別、国籍も関係なくて好きになった人がタイプですね。

― 恋愛では受け身ですか?それとも積極的にアプローチしますか?

落合リザ:好きな人ができたら「好き!」って自分から伝えますし、積極的に誘います。お肉も好きなので、リアル肉食ですね(笑)。

―  バレエでは男性とパートナーを組まれていますが、恋愛に発展することはありませんか?

落合リザ:お互いに仕事と割り切っているのであまりないですね。一緒に踊っててそのまま結婚する人も中にはいますが、少ないですね。

― 海外の男性と日本の男性はやはり性格などに違いはありますか?

落合リザ:全然違いますよ。海外の方はジェントルマン。バレエの学校には、女性との接し方や女性をエスコートする方法などを学ぶ授業もあります。

今後の目標

― 今後の目標を教えてください。

落合リザ:バレエだけではなくて、いろいろなダンスに挑戦したいですね。バレエだけでなく演技が好きなので今後は日本でも色々な事に挑戦できたら良いなと思っています。

― 最後に、夢を叶えたい女の子へメッセージをお願いします。

落合リザ:何事も継続すること。失敗しても嫌な思いをしても、そして周りに嫌なことを言われたとしても、夢があるなら全部気にしないでとにかく突き進むこと。人生は1回だけ。反対なんて押し切って突き進んでみてください。

― ありがとうございました。

カイロ国立オペラバレエ団でアジア人初主役を踊るなど、日本のバレリーナ代表として第一線で輝き続ける落合リザ。一見、順風満帆に見える彼女だがスランプに陥ることは日常茶飯事のようで「そのようなときは、気にしないことが大切。気にしだしてしまうと、嫌な方向にどんどん進んでいっちゃうから」と脱出法を笑顔で明かしてくれた。

彼女にとって“ぶつかった壁”はさらなる飛躍への布石なのだろう。「まだまだこれからチャレンジしたいことはたくさんある」と目を輝かせていた彼女は、日本人がいまだ成し遂げていないステージにすでに足を踏み入れているのかもしれない。(モデルプレス)

落合リザ
■落合リザ(Ochiai Liza)プロフィール

カイロ国立オペラバレエ団ファーストソリスト(プリマ)

生年月日:1988年11月30日
身長:163cm

16歳で、単身プリンセス・グレース・クラシックバレエアカデミー留学(モナコ)。その後、ジョフリーバレエスクール、ペリダンススクール卒業(アメリカ)。
18歳で、カイロ国立バレエ団入団と同時にリザバレエスクール開校。
21歳で、カイロ国立オペラバレエ団でアジア人初主役を踊る。

・アメリカ・オーランド州での世界バレエコンクール最年少ファイナリスト
・ヴァルナ国際バレエコンクール日本代表

※落合リザの情報はこちら
オフィシャルブログ【カイロ国立バレエ団 Liza Ochiai 白鳥になりたい】
http://ameblo.jp/lizaochiai/

~夏のバレエワークショップのお知らせです♪~

朝日カルチャーセンター横浜教室で期間限定ワークショップを行います♪

2012年:7/31、8/7、8/21、9/4、9/18の全五回!
火曜日で19:30‐20:45までやっております♪

バレエ経験1年以上の方が対象。(経験年数3年以上の方は、トゥシューズでの受講も可能)大人の方も大歓迎です!是非チェックしてみてください!!!みんなで楽しく踊りましょう♪♪

詳しくは(http://www.asahiculture.com/LES/detail.asp?CNO=167568&userflg=0)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 世界をうっとりさせる日本人バレリーナ・落合リザが語る「綺麗なスタイルを保つために」 モデルプレスインタビュー
今読んだ記事

世界をうっとりさせる日本人バレリーナ・落合リザが語る「綺麗…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ダイエット」カテゴリーの最新記事